コラム コラム 2016年3月12日 更新 お気に入り追加 0

ネイル栄えする憧れの大きな爪へ♡爪のピンク色を大きくする方法

1,432 view
ネイル栄えする憧れの大きな爪へ♡爪のピンク色を大きくする方法 Itnail編集部

大きな爪は、ネイル栄えもするし手の指もきれいに見えます。”爪が小さいから”や”男のような爪だから”とネイルを諦めている人も多いと思います。しかし、爪のピンク色の部分は大きくすることができます。

ネイルが栄えるきれいな指先を作りましょう

【イットネイル】大きな爪は、ネイル栄えもするし手の指もきれいに見えます。”爪が小さいから”や”男のような爪だから”とネイルを諦めている人も多いと思います。しかし、爪のピンク色の部分は大きくすることができます。
爪全体の下にある爪と皮膚がついているピンク部分はネイルベッド、または爪床と呼ばれています。この部分を大きくしていきましょう。
ネイルベッドを大きくするためには、爪と指をくっつけ、ばい菌から守る役割を果たす「ハイポニキウム」を育てる必要があります。ハイポニキウムを伸ばせばネイルベッドも伸び、爪が大きくなるのです。
 (369450)

爪切りではなく、爪やすりを使おう

爪を切る時には深爪にならないように切りましょう。深爪になるとネイルベッドが小さくなってしまいます。ハイポニキウムを育てるために2~3ミリ程度爪を残して切るように心掛けましょう。
爪切りで爪を切ると、爪に負担がかかる上にハイポニキウムも切ってしまう可能性がありますので、爪やすりで整える程度にしましょう。爪やすりのやりかたは、爪やすりを爪に対して45度に傾けて削っていきます。爪やすりは左右に動かすのではなく、一定の方向に動かして削っていきましょう。

マッサージをして指の血行促進を促す

マッサージは、手の血行を良くして爪が伸びやすくなる効果があります。ハンドクリームをたっぷり塗って、すべりやすくしてから始めましょう。
指の付け根から指先に向かって、親指で小さな円を描くようにマッサージしていきます。このとき軽く指を伸ばすようなイメージでやりましょう。指先をマッサージした後、爪の生え際を心地良い強さで押します。さらに、爪の生え際を横から健康な爪が生えるように刺激していきます。最後に、指と指の間のツボを刺激し、手首をグルグル回してマッサージの終了です。

地道に爪の成長を見守ること

爪の育成期間には、爪と指が剥がれる様な行動は控えましょう。爪に衝撃をなるべく与えないために爪ではなく指を使うよう心がけましょう。爪を常に長めにしておくとネイルベッドが伸び、キレイな手先に近づけます。爪が先に向って広がっていたり、遺伝的な理由でネイルベットが伸びない人もなかにはいます。基本的にケアをきちんと怠らなければネイルベットは成長します。すぐには効果が現れないので、地道に続けましょう。



Itnail編集部