コラム コラム 2015年7月12日 更新 お気に入り追加 0

筆が鍵?セルフジェルネイルででこぼこやムラを減らすコツ

8,154 view
筆が鍵?セルフジェルネイルででこぼこやムラを減らすコツ Itnail編集部

自分で好きなように、コストを抑えながらできるのがセルフネイルの大きなメリットですが、セルフならではの悩みも多いはず。熟練されたプロの技術による…

セルフだとムラが出てしまう

【イットネイル】自分で好きなように、コストを抑えながらできるのがセルフネイルの大きなメリットですが、セルフならではの悩みも多いはず。

熟練されたプロの技術による仕上がりとは、やはり違いも出てきます。
 (207379)

その中でも、「自分でジェルを塗るとムラやでこぼこが出る」と悩んでいるセルフネイラーさんは多いのではないでしょうか?
ムラや凹凸など表面の見た目の問題は、塗り方や自爪の状態などさまざまな原因がありますが筆の選び方なども重要になっています。

そこで今回は、セルフネイルで役立つ筆の選び方ときれいに仕上げるための塗り方のコツを紹介したいと思います。
 (194315)

きれいに塗るための筆の選び方

ジェルを塗るのに必要なのがネイル用の筆ですが、毛が硬すぎるとムラができやすくなります。
これは筆圧でジェル表面にハケあとなどが残ってしまうためです。
筆が硬いと感じたら、もう少しやわらかめの筆を買いましょう。

基本的にジェルネイル用の筆は、動物の毛を使用している筆ほどやわらかい傾向にあります。
ナイロンなど安い筆は毛が硬くて、ムラができやすいものもあるので注意しましょう。

一般的なショップの購入時点では筆の硬さを調べることができないのですが、プロ用を扱っているお店であれば中身を見せてくれたり、サンプルが展示されていることが多いです。
ネットショップで買う場合はレビューや口コミをよく確認するといいでしょう。

筆に限ったことではありませんが、ジェル用筆は古くなってくると一部が固まったり毛が抜けて塗りづらくなることがあります。
古くなってきたら新しいものを買いましょう。

ジェルを取り過ぎない

筆に問題ないのにムラや凹凸ができる場合は、塗り方に問題があるかもしれません。
その一つに「ジェルを取りすぎている」というのがあります。

塗る前に一度にたくさん筆につけずに、塗る範囲に合わせた量をとって塗りましょう。
どっぷりつけてから塗るとジェルのたまりができてしまい、でこぼこした仕上がりになります。

筆の選び方から塗り方まで注意して、正しい方法でジェルネイルを仕上げましょう。



Itnail編集部