コラム コラム 2015年7月26日 更新 お気に入り追加 1

知らないの?ネイルチップ作りに必要なものとは

11,593 view
知らないの?ネイルチップ作りに必要なものとは Itnail編集部

普段ハンドメイド好きだと、ネイルチップの自作にも興味がわく人が多いようです。しかしいざ作ろうとしても、実際に何を用意したらよいのかわからず、そのまま挫折してしまうことも。今回は、そんな初心者さん向けに、ネイルチップ作りに必要なものをまとめました。

ネイルチップを自作するには

普段ハンドメイド好きだと、ネイルチップの自作にも興味がわく人が多いようです。しかしいざ作ろうとしても、実際に何を用意したらよいのかわからず、そのまま挫折してしまうことも。

今回は、そんな初心者さん向けに、ネイルチップ作りに必要なものをまとめました。
 (144587)

ネイルチップの自作に必要なもの

まず、ネイルチップを作る際に、専門的な道具を全部そろえようとすると大変お金がかかります。ですから初心者は、はじめは安くそろえて練習し、慣れたら専門的な道具を買う方がよいと思います。

まず、必要なものはマニュキュア。ネイルアートをするには、ラインストーン、3Dシール、アクリル絵の具、アート筆があれば、色々な作品が作れます。これらはほとんど100均に置いてあるので、まずは100均でそろえるのがおすすめ。

ただしアクリル絵の具だけは、画材屋に置いてある商品の方が質がよいので、画材屋で購入した方がよいと思います。

ネイルアートについて勉強したい場合は、500円程でネイルの雑誌が販売されているので、参考にしてみてください。

ネイルチップは100均のもので練習

100均には様々な種類・色のネイルチップが置いてあるので、練習にぴったり。その中から、自分の爪に合いそうなチップを選びましょう。

ネイルチップの長さや幅・カーブは、自分の爪に合わせるために微調整が必要です。その場合は、爪やすりなどで削りましょう。

カーブの調整には、お湯に浸して温めた後、左右を押さえてカーブを作ります。

こんなものもあると便利

アートをする場合は、アート用の筆のほかに、オレンジスティック、ピンセットなどがあると便利です。

ストーン以外にも、シール、グリッター、スタッズ、ブリオンなどがあると、デザインの幅が広がります。

ネイルケア用品として、オイル、プッシャー、ニッパーなどもあった方がよいです。

チップを作るときには、100均の洋服をかける「5連フック」があると便利。フックの部分に、両面テープを張り、作業をしたり乾かしたりすると、汚くなりにくいです。

バイオジェルに必要なもの

バイオジェルは、自爪の上に水あめのようなドロッとしたジェルをのせて、UVランプで固めて作る人口爪のこと。マニキュアよりも剥がれにくく、違和感もなく、3~4週間は持続するので人気です。

バイオジェルのための材料はプロの道具なので、ネイル専門店で買わなければならず、数万円は必要です。最近はネットで購入もできるので、色々なサイトを見て購入されたらよいと思います。