コラム コラム 2015年12月4日 更新 お気に入り追加 0

ネイルグルーや硬化ライトに注意?ネイル用品は正しく使おう

5,441 view
ネイルグルーや硬化ライトに注意?ネイル用品は正しく使おう Itnail編集部

ネイル用品の中には、正しく使わなかったことで何らかのトラブルにつながってしまうものもあります。中には大きなトラブルになってニュースになっているようなケースも・・・。今回はネイル用品に関するトラブルや注意点について紹介しています。

便利なアイテムが増えたけど・・・

【イットネイル】昔よりもネイルが誰でもできるようになった気軽な爪のおしゃれであることから、ネイルに関する商品にもさまざまなものが登場しています。

しかしネイル用品の中には、正しく使わなかったことで何らかのトラブルにつながってしまうものもあります。
中には大きなトラブルになってニュースになっているようなケースも・・・

今回はネイル用品に関するトラブルや注意点について紹介しています。
 (308607)

ネイルグルーの誤った使用

ネイルグルーとはネイルチップに使われている、ネイル専用の接着剤のことをいいます。
両面テープなど他の方法と異なりネイルチップを強力に止められるメリットがありますが、使い方を誤ると恐ろしいトラブルになります。

実際にイギリスの少女が誤ったネイルグルーの使用法で指を切断することになるという、恐ろしいトラブルがニュースでも報道されたことがあります。

爪や指が濡れた状態でネイルグルーを使うのは、雑菌が繁殖する危険があるのでおすすめできません。
また安すぎるネイルグルーも悪い成分が入っているなどトラブルの元ですので、選び方にも注意しましょう。

ネイルグルーだけでなく、ジェルネイルやネイルケア商品は正しく使うようにしましょう。

皮膚のただれやかぶれ

消毒液・プライマー・アクリルリキッド・アセトン・ネイルグルーなどが皮膚に多く触れることで、皮膚にかぶれ・ただれなどが起こることがあります。
特にリキッド・プライマー・ネイルグルーは皮膚に直接つかないように注意が必要です。
 (308612)

ジェルネイル用ライトで硬化

ベースを塗ったらドライフラワーパーツをぽんぽん置いて、ジェルネイルで使うUVライトでいつも通りのジェルネイルのように硬化をしていきましょう。

パーツが小さい場合は、ネイル用のピンセットを使うと安心です。

紫外線ライトによるトラブル

ジェルネイルに使われる紫外線ライト(UVライト)は、紫外線の光によってジェルを硬化させています。
基本的には安全なのですが、照射時間が長かったり回数が多かったりすると、手指にシミやしわができやすくなります。

また肌が弱い人などはアレルギーでかゆみなどの症状が出ることがあります。
心配な人は日焼け止めなどを塗っておくことをおすすめします。

いずれのトラブルもセルフネイルによるものが多く見られます。
ネイル用品は使用法をしっかり守り、トラブル注意しながらネイルを楽しみましょうね。



Itnail編集部