コラム コラム 2015年4月15日 更新 お気に入り追加 0

ネイリストとしてサロン運営をすることで感じる”喜び”

1,492 view
ネイリストとしてサロン運営をすることで感じる”喜び” AUTHORs JAPAN BEAUTY

サロンにお越しいただくすべての方に笑顔でお帰りいただく・・・サロン経営者に限らず、ネイリストなら誰もが必ず思う事です。 キャンペーンを組んだり、プレゼントを用意したりと、色々やり方はあると思いますが、どれも継続し続けなければ意味がありません。

ネイリストとしてサロン運営をすることで感じる”喜び” | AUTHORs (127507)

一人でも多く笑顔になるサロンを目指す

サロンにお越しいただくすべての方に笑顔でお帰りいただく・・・サロン経営者に限らず、ネイリストなら誰もが必ず思う事です。

キャンペーンを組んだり、プレゼントを用意したりと、色々やり方はあると思いますが、どれも継続し続けなければ意味がありません。

私は女性専用、完全予約制のプライベートネイルサロンを経営していますが、ネイルする楽しさ、ワクワクする気持ちを、多くの方に伝えていきたいという思いで日々のサロンワークをしています。

ネイルの仕上がりには一切妥協しません。

お客様に満足してお帰りいただくこと、そしてお客様に心からくつろいで頂けるサロンを目指しています。
ネイリストとしてサロン運営をすることで感じる”喜び” | AUTHORs (127510)

顧客満足を得るプロセスのために

そのためにたとえば講習会でよくお伝えするのですが、お客様と楽しくおしゃべりをする中でもその方のお爪をちゃんと把握し塗り方の説明や、工程の説明等プロとしてのアドバイスも会話に加えること。

特に、ご新規様のカウンセリングはかなりしっかりとやらせてもらう!

楽しいひとときはもちろん大事。

それだけでなく言葉の端々からお客様の意図をくみ取りコミュニケーションをしていく。

これは絶対に大切なことです。
ネイリストとしてサロン運営をすることで感じる”喜び” | AUTHORs (127513)

継続していくこと

私が9年間継続し続けてきた事はたった二つのことです。

「どんな時でも笑顔でお迎えする」
「お客様の期待に応えようと努力する」

お客様に喜んでいただく時、スタッフが喜びを感じる時。

それは「モノ」ではなく「心」や「言葉」から生まれるものだと思います。

日頃から感謝の気持ちを持ち、ありがとうを口に出して伝える。

単純ですが、一番大切な「継続していくこと」だと思います。

そんな気持ちを持ってお客様に関われば、自然と笑顔の絶えないサロンになるのではないでしょうか。



児山未奈(salon de Lange)

ネイリストとしてサロン運営をすることで感じる”喜び” | AUTHORs

ネイリストとしてサロン運営をすることで感じる”喜び” | AUTHORs
サロンにお越しいただくすべての方に笑顔でお帰りいただく・・・サロン経営者に限らず、ネイリストなら誰もが必ず思う事です。キャンペーンを組んだり、プレゼントを用意したりと、色々やり方はあると思いますが、どれも継続し続けなければ意味がありません。

関連記事

現役ネイリストが思う理想のネイルサロンってどんなところ? | AUTHORs

現役ネイリストが思う理想のネイルサロンってどんなところ? | AUTHORs
フランス語、英語、どちらにも存在する言葉、salon。元々は応接室、談話室を指すものです。フランスでは社交界や展覧会の意味もあります。詳しく言えば、サロンの主人が文化や芸術に秀でた者を呼び、客人達と知的な会話を楽しむ場所

ネイル業界の今って一体どうなの?気になる今後は? | AUTHORs

ネイル業界の今って一体どうなの?気になる今後は? | AUTHORs
現在のネイル市場規模は堅調に増加しており、2011年は前年比で102.5%の2,085億円、2012年には前年比103.9%の2,165億円にまで達する見込みとなり、ネイルサービス業が日本標準分類に新設され、1つの産業として認識されました。

ネイルサロン開業成功へのヒント!好きを信じて流行の隙間を狙う | AUTHORs

ネイルサロン開業成功へのヒント!好きを信じて流行の隙間を狙う | AUTHORs
「コンセプト」。常につきまとい、とても良く耳にする言葉。私も開業当時、正解ってなんだろう?と考えたことの一つです。でも悩んでいても始まらない!だって正解は自分が決めることではなくお客様が決めることだもの。