コラム コラム 2016年1月1日 更新 お気に入り追加 1

甘皮処理やりすぎていませんか? 過剰な甘皮ケアで起こるトラブルとは【ネイルケア/ハンドケア】

2,245 view
甘皮処理やりすぎていませんか? 過剰な甘皮ケアで起こるトラブルとは【ネイルケア/ハンドケア】 Itnail編集部

ネイルアートの仕上がりをグッとよく見せてくれる甘皮処理はネイルケアの基本のうちの一つ。甘皮のケアを覚えると爪がキレイになるのがうれしくてついやりすぎてしまいがち! でも甘皮はとてもデリケートな部分ですから、やりすぎてしまうと指先にトラブルが起こることもありケアには慎重さが必要です。

ネイルアートに欠かせない甘皮処理は慎重さが必要!

【イットネイル】ネイルアートの仕上がりをグッとよく見せてくれる甘皮処理はネイルケアの基本のうちの一つ。甘皮のケアを覚えると爪がキレイになるのがうれしくてついやりすぎてしまいがち! でも甘皮はとてもデリケートな部分ですから、やりすぎてしまうと指先にトラブルが起こることもありケアには慎重さが必要です。
 (340057)

必要以上の甘皮処理で爪の根元が腫れたり、爪がボコボコになることも!

爪の周りが赤く腫れて痛い…こんな症状が出たことがある人も多いのではないでしょうか。
そもそも甘皮は爪と皮膚の間にばい菌が入らないよう守る役目を担っています。
必要以上に甘皮処理をすることで爪の周囲の皮膚が傷つきばい菌が入りやすい状態に。爪の周りが赤く腫れたり膿が出たりする爪周囲炎を引き起こしてしまうことがあります。炎症の程度によって爪の成長に影響が出て表面がボコボコになってしまうことも!
ささくれの傷から菌が侵入するなど、他の原因もありますが、ネイルアートが好きな人はまず甘皮の処理を正しく行っているか考えてみてください。

爪のトラブルを起こさない。正しい甘皮ケアのポイント

ここで甘皮処理の手順をおさらいしてみましょう。

1.キューティクルリムーバーを塗る。
2.指先をお湯につける。
3.コットンスティックやメタルプッャーで甘皮を押し上げる。
4.濡らしたガーゼで甘皮の下の汚れを拭き取る。
5.キューティクルニッパーで余った甘皮やささくれを切る。
6.キューティクルオイルやハンドクリームをつけて保湿する。

手順を通して気を付けることは“優しく”行うこと! 押し上げる時に痛みを感じるほど強く押すのは絶対にいけません。
また甘皮処理を行うのは2週間に1回程度で十分です。それ以上、頻繁に行うと炎症などの指先のトラブルにつながる可能性が高くなってしまいます。

美しいネイルは健康な爪から! 正しいネイルケアを心がけよう

爪の根元や周りに腫れや痛みがある時は、ポリッシュ、ジェルネイル、スカルプチュアなどは症状を悪化させてしまう可能性があります。ネイルアートはお休みにして、すぐに医師の診察を受けてください。
ネイルアートの仕上がりをよくするために行うネイルケアなのに、間違った方法で行ったためにトラブルが起こり、ネイルアートをお休みしなければいけなくなってしまっては、本末転倒ですね。慣れてくると雑になってしまいがちなことも、もう一度見直して、普段から正しいケアができるように心がけましょう!



Itnail編集部