コラム コラム 2015年12月3日 更新 お気に入り追加 1

乾燥が原因?!ネイルアートの邪魔になりやすいささくれの対処法

3,776 view
乾燥が原因?!ネイルアートの邪魔になりやすいささくれの対処法 Itnail編集部

気づいたらいつの間にか爪の端っこにできている「ささくれ」。 このささくれは冬場などを中心に、乾燥しやすい季節がもっともできやすいとされています。 また冬場など関係無しに何らかの理由で指先が乾燥している人は、他の人よりもささくれができやすいとされています。 このささくれはネイルアートの邪魔になりやすいだけでなく、痛みなどさまざまな問題があります。

ネイルの邪魔になりやすいささくれ

【イットネイル】気づいたらいつの間にか爪の端っこにできている「ささくれ」。

このささくれは冬場などを中心に、乾燥しやすい季節がもっともできやすいとされています。

また冬場など関係無しに何らかの理由で指先が乾燥している人は、他の人よりもささくれができやすいとされています。
このささくれはネイルアートの邪魔になりやすいだけでなく、痛みなどさまざまな問題があります。
 (141577)

ささくれの悩みや問題点

・ネイルアートのときに邪魔になる

・ネイルをしても見た目が悪くなる

・たまに痛みが出る

・邪魔に感じる、気になってしまう

・放置していても自然にできてしまう

・気になっていじったりつまんだりしてしまう

こんな人はささくれができやすい

・水仕事が多い人

・紙などをよく触る人

・ネイルアートをよくする人

・食事が偏って栄養不足な人

・冷えなどで循環が悪い人
総合的に見て、原因はずばり「指先や爪の乾燥」。手が乾燥しやすい状態にある人は、ささくれができやすいのです。

またネイルの前やオフのときに使うアルコールやリムーバーなども、爪や指の水分を奪って乾燥させる原因となります。

ささくれの対処法

ささくれができて気になる・取りたいからといって、むやみに引っ張ると痛いし悪化する恐れがあります。このため指でつまんだりむやみに引っ張るのは絶対にNGです。

無理に取ろうとすると、キズができてそこからばい菌が入って炎症を起こすこともあるんです。

また、指の腹が化膿して痛みや腫れが起こる「ひょう疽」に発展することも…
これ以上指や爪周辺を傷つけるのは危険です。

といってもできてしまったささくれは放っておいても元には戻らないので、キレイにカットした上でしっかりと保湿をしましょう。

ささくれの予防法

上手い対処ができないささくれは、普段からできないように予防することも大事。

ささくれができないようにするには、とにかく乾燥を防ぐことです。

キューティクルオイルやハンドクリームで、普段から乾燥や冷えに注意することでささくれを防ぐことができます。



Itnail編集部