コラム コラム 2015年12月23日 更新 お気に入り追加 0

持ちがいいけど落としにくい?ラメネイルが落ちにくいとき正しいオフ方法

2,221 view
持ちがいいけど落としにくい?ラメネイルが落ちにくいとき正しいオフ方法 Itnail編集部

手軽にキラキラしたデザインを楽しめることで人気の高い、「ラメネイル」。 ラメ入りのポリッシュを使えば簡単にできることから、 初心者から上級者までみんなセルフでもやっているメジャーなネイルです。 またラメネイルには、通常のポリッシュよりも落ちたり剥げたりしにくい=持ちがいいというメリットもあります。

キラキラかわいいラメネイル!

【イットネイル】手軽にキラキラしたデザインを楽しめることで人気の高い、「ラメネイル」。
ラメ入りのポリッシュを使えば簡単にできることから、
初心者から上級者までみんなセルフでもやっているメジャーなネイルです。

またラメネイルには、通常のポリッシュよりも落ちたり剥げたりしにくい=持ちがいいというメリットもあります。
 (335031)

持ちがよくてもオフが大変!

しかしそんなラメネイルにも、いくつかの欠点が!
その一つは、「持ちがいい反面オフが大変」なことにあります。

実際にラメネイルにしたときは、普通のポリッシュのように簡単に落ちないと困ってしまった、
という経験をした人は多いのではないでしょうか。
だからといって無理に剥がしたりこすったりなど、乱暴な方法はNGですよ。

今回はラメネイルの正しい落とし方について解説しています。

用意するもの

用意するのはコットン・はさみ・除光液の3種類。
いずれもネイルをやっている人なら普通に家に置いてあるものなので、用意するのは手間取らないはずです。

ラメネイルのオフに使うコットンは、爪を覆えるようなサイズにあらかじめはさみでカットしておきましょう。

除光液をしみこませたコットンを巻く

除光液は、カットしたコットンに適量しみこませておきます。
このときコットンはサランラップなどの上に並べて、たっぷり除光液をしみこませるのがおすすめ。
あえて贅沢なくらいにしみこませてしまったほうが、何度も工程を繰り返す手間もなくスムーズです。

十分な量をしみこませたら、順番にコットンを爪に巻いていきます。
そのままの状態で1〜2分程度放置しましょう。
あまり放置しすぎると除光液が乾いてしまうので注意です。

放置したらやさしく落とす

あとはコットンを外してゆっくり丁寧にラメネイルを落とすだけ。
コットンによって除光液がしみこんでいるので意外とスルっと落ちてくれます。

もし落ちなかったときは強くこすったりせずに、もう一度コットンを乗せて放置しましょう。

いつも通りの道具でも、やり方を変えるだけですんなりラメネイルを落とすことができます。
爪にダメージを与えない、正しい方法を守りましょう!



Itnail編集部