コラム コラム 2015年10月13日 更新 お気に入り追加 1

自爪にもやさしい♪ネイルの正しい落とし方・マニキュア編

4,074 view
自爪にもやさしい♪ネイルの正しい落とし方・マニキュア編 Itnail編集部

ちょっとした手間をかけてなるべく丁寧なオフを心がけることで、より自爪にやさしいオフをすることができます。今回は、正しいマニキュアのオフの仕方をご紹介します。

オフはなるべく丁寧に!

【イットネイル】マニキュアはジェルネイルよりもオフが簡単ですが、だからといって適当に落としていいわけではありません。
ちょっとした手間をかけてなるべく丁寧なオフを心がけることで、より自爪にやさしいオフをすることができます。

今回は、正しいマニキュアのオフの仕方をご紹介します。
 (284702)

コットンにリムーバーをしみこませる

用意するのはマニキュア用の除光液(リムーバー)とコットン。
コットンにリムーバーをたっぷりしみこませて、落としたいネイルの上に当てましょう。
ネイルが塗られた爪を包み込むようにして、周囲の皮膚にはなるべくリムーバーが当たらないように注意しましょう。

しだいにマニキュアが溶けていくので、しばらく乗せておいて甘皮側から爪先に向かってゆっくり引いていきましょう。
このときごしごしこすっていると、自爪の表面に傷がつくので注意が必要です。
 (284705)

落としきれなかった部分があったら

コットンを使って落としきれなかった部分が残っていたら、ウッドスティックなどの先にコットンを巻いたものを使います。
巻かれたコットンにリムーバーを少し付けて、残ったマニキュアを落としましょう。

キューティクルラインや爪の裏側など、細かい部分も同様にこれを使ってケアします。
ウッドスティックはオフに限らずネイルケアやマニキュアを塗るときも活躍できますので、何本持っておいても損はありません。

やさしいタイプのリムーバーを使おう

ジェルネイルやスカルプチュアなどと異なり、
マニキュアは強力なアセトンが入っていないリムーバーでも十分落とせます。

なんでもアセトンで落とそうとせずに、
マニキュアはなるべくアセトンフリーの爪や皮膚にやさしいものを使って落としましょう。

ジェルネイルもマニキュアも使うことがある人は、ジェルオフ用とマニキュアオフ用といった風に、
いくつかのリムーバーを用意して使い分けるといっそう爪にやさしいオフができます。

ちょっとした手間をかけて丁寧に落とせば、自爪がほとんどダメージを受けずに済みます。
正しいやり方を覚えて、習慣にしましょう。



Itnail編集部