コラム コラム 2015年7月26日 更新 お気に入り追加 0

自分の爪の悩みを解決! 正しいネイルケアを身につけよう

1,406 view
自分の爪の悩みを解決! 正しいネイルケアを身につけよう Itnail編集部

さまざまなネイルアートを楽しむためには、技術を覚えたり道具をそろえたりすることも大切ですが、忘れないで欲しいのが自爪の状態や健康について。個人差はありますが体質などによっては…

自爪に関する悩み

さまざまなネイルアートを楽しむためには、技術を覚えたり道具をそろえたりすることも大切ですが、忘れないで欲しいのが自爪の状態や健康について。

個人差はありますが体質などによっては自爪の状態が良くない人、あるいは度重なるネイルアートによって状態が悪くなってしまったと悩む人がいます。

そんな方はもともとの体質の問題以外にも、普段のネイルケアに問題があることもあります。
 (143122)

今回はネイルケアにおいて自爪にありがちな悩みと、その正しい解決法についてご紹介したいと思います。

自爪にたてスジがあって目立つ

自爪のたてスジがやたら目だってしまうという方は、乾燥肌に同時に悩んでいる人が多いです。

乾燥すると皮膚にしわなどができやすくなり、これが爪のスジにつながるのです。

このスジが目立つと表面が凹凸しやすく、ネイルアートで邪魔になることがあります。

完全に目立たないようにするのは難しいですが、どうしても気になる場合はベースコートなどを上手く使って隠しましょう。

爪やすりなどでむやみに表面を削ると爪が弱くなるのでおすすめできません。

自爪が黄色っぽくて見た目も悪い

爪の色は肌の色などと同然に個人差がありますが、もともと黄色っぽい人もいれば、なんらかの原因で黄色くなってしまった人もいます。

ネイルのオンオフを頻繁に繰り返していたり、アセトンの強い除光液などを繰り返し使用していることで、黄ばみが起こることがあります。

またポリッシュやジェルの前に塗るべきベースコートをさぼると、色素沈着が起きてこれが黄ばみの原因となることも。

色が悪いと感じたら、頻繁なオンオフを控えましょう。

爪を噛むのはNG!

爪が正しく育つためには、爪を噛むことは絶対にNG。

場合によっては爪が薄くなったり、深爪になることも。

噛む癖がある人は、ネイルカラーを塗るようにすれば自然に癖が治ることがあります。

伸びてきた爪を短くしたり形を整えたい場合は、ネイルファイルなどの爪専用のやすりを使用しましょう。



Itnail編集部