コラム コラム 2015年11月24日 更新 お気に入り追加 1

セルフジェルネイルを長持ちさせるには正しく丁寧な下処理が必要だった!

6,114 view
セルフジェルネイルを長持ちさせるには正しく丁寧な下処理が必要だった! Itnail編集部

甘皮とは爪の際にある薄い皮のことで、この甘皮を処理しないでネイルをすると見栄えが悪かったり、ネイルアートがしにくくなったりします。 ですので、綺麗なネイルを完成させる為にもめんどくさがらず丁寧に甘皮処理を行っていきましょう。 主に甘皮処理方法にはドライケアとウォーターケアの2種類がありますが今回はウォーターケアのやり方を紹介していきます。

簡単に出来る丁寧な甘皮ウォーターケア♪

甘皮とは爪の際にある薄い皮のことで、この甘皮を処理しないでネイルをすると見栄えが悪かったり、ネイルアートがしにくくなったりします。

ですので、綺麗なネイルを完成させる為にもめんどくさがらず丁寧に甘皮処理を行っていきましょう。

主に甘皮処理方法にはドライケアとウォーターケアの2種類がありますが今回はウォーターケアのやり方を紹介していきます。
 (143943)

【用意する道具】

◆キューティクルリムーバー
◆お湯
◆セラミックプッシャー
①キューティクルリムーバーを爪の際に塗り、お湯をいれたボウルの中に指をいれて約3分程放置します。

②指を出したらしっかり水分を拭き取り、セラミックプッシャーで爪のサイドから甘皮を優しく押し上げます。

③全体を押し上げたら、爪の際からセラミックプッシャーで押し上げられた甘皮を小さな円を描くように優しく除去していけば甘皮処理の完了です。
このようにセラミックプッシャーを使えば簡単に甘皮処理が出来るのでしっかり甘皮を除去してあげてください。

セルフジェルネイルを長持ちさせるサンディング方法♪

サンディングをおろそかにしてしまうと時間と手間をかけたネイルがすぐにリフトしてしまうのです。

また、サンディング不要のジェルも出回っていますが、今回はサンディングが必要なタイプに注目していき、正しいサンディング方法を紹介していきます。

用意する道具はお使いのジェルが勧めるグリッド数のスポンジバッファーかアクリルファイルです。

まず、甘皮処理が終わった爪にスポンジバッファーかアクリルファイルを使って爪の際から中央へと一定の方向にファイルを動かし爪の表面を削っていきます。

注意点は力を強く入れすぎないようにすることです。力を強く入れすぎると自爪が弱ってしまう原因になってしまいます。

そして、ジェルによって勧めるグリッド数のファイルはもちろんですが、大体のジェルは180Gのファイルを使えば綺麗にジェルが塗れ、リフトしにくくなります。

また、スポンジファイルとアクリルファイルの違いですが、スポンジファイルはアクリルファイルに比べてソフトな触り心地なので軽くサンディングが出来ます。

逆にアクリルファイルは薄く持ちやすいのですが、力が入りやすいので力加減に注意が必要です。

このように、甘皮処理とサンディングを正しく丁寧に行えばセルフネイルでもプロ並みに仕上がること間違い無しです♪



Itnail編集部