コラム コラム 2015年10月30日 更新 お気に入り追加 2

ジェルネイルの前の下準備!プレパレーションって何?

3,015 view
ジェルネイルの前の下準備!プレパレーションって何? Itnail編集部

プレパレーションはネイルサロンでのジェルネイルでも必ずやっている工程であり、セルフネイルでもしっかりやっておかないとさまざまなトラブルの原因となります。それではさっそく見ていきましょう。

しっかりした下準備が長持ちさせるコツ!

【イットネイル】ジェルネイルにおいて、事前の下準備にあたるプレパレーションはかなり重要となっています。

いきなりジェルを塗って硬化するのではなく、このプレパレーションをしておくことによって、ジェルネイルの持ちを良くしたり、浮き(リフト)や剥げなどを防ぐことができます。

プレパレーションはネイルサロンでのジェルネイルでも必ずやっている工程であり、セルフネイルでもしっかりやっておかないとさまざまなトラブルの原因となります。
それではさっそく見ていきましょう。
 (279972)

プレパレーションとは?

プレパレーションとは、ジェルネイルの前にする甘皮処理などを含めた、ジェルネイルの下準備の総称です。
ジェルネイルにおいては特に、自爪とジェルを密着させる下準備が、マニキュアなどよりも重要とされています。

大まかな手順としては甘皮処理の後はサンディングによって自爪を削り、ダストを除いた後にプライマーを使用してジェルの密着性を高めます。
 (279979)

プライマーとは?

プライマーは甘皮処理やサンディングの後に使う、ジェルネイルの下地剤のような液です。
さまざまなタイプがありますが、その役割はダスト・水分・油分を除去することにあります。
さらに、自爪とジェルがくっつきやすくしてジェルがリフトしてしまうのを防ぐ下地となります。

ただしメーカーや商品などによっては、プライマーが不要のジェルもあります。

プレパレーションの手順

プレパレーションは主に以下のような手順で進めていきます。

・手の洗浄と消毒
・爪の長さと形を整える
・甘皮処理
・サンディング
・ダストの処理
・水分と油分の処理

ジェルネイル前のサンディングは、自爪表面を少し傷つける処理です。
「どうしてわざわざ爪を傷つけるの?」と思うかもしれませんが、自爪と爪を密着させてリフトを防ぐには大事な処理です。
また自爪につけた傷は、ジェルを引っ掛けるような役割を持ちます。

道具はネイルファイルやバッファーなどを使います。
ただしやりすぎると自爪が弱くなる原因となります。

なかなかたくさんあって面倒に感じるかもしれませんが、ジェルのトラブルを防ぐには大事な工程です。
正しいやり方を覚えてしっかり実践しましょうね。



Itnail編集部