コラム コラム 2016年2月20日 更新 お気に入り追加 0

ネイルが傷む原因は除光液!マニキュアを落とす時に爪を傷めずにオフする方法

2,718 view
ネイルが傷む原因は除光液!マニキュアを落とす時に爪を傷めずにオフする方法 Itnail編集部

「何日もマニキュアをつけっぱなしで爪が傷んじゃうかな?」。こんな風に思ったこと一度はありますよね。マニキュアは化学物質を成分に含みますから、爪への影響が全くないとは言えませんが、それよりも爪への負担が大きいのは除光液だと言われています。 除光液に含まれるポリッシュを溶かすための成分は爪の油分も奪います。油分を失うことで爪が乾燥しやすくなるのです。除光液を頻繁に使いすぎたり、除光液でのオフのやり方を間違っていると、乾燥が進んで爪の表面が白くなったり、二枚爪になってしまうことも! 今回は健康な爪を守るための正しい除光液の使い方をご紹介します。

爪への負担が大きいのはポリッシュよりも除光液!

【イットネイル】「何日もマニキュアをつけっぱなしで爪が傷んじゃうかな?」。こんな風に思ったこと一度はありますよね。マニキュアは化学物質を成分に含みますから、爪への影響が全くないとは言えませんが、それよりも爪への負担が大きいのは除光液だと言われています。

除光液に含まれるポリッシュを溶かすための成分は爪の油分も奪います。油分を失うことで爪が乾燥しやすくなるのです。除光液を頻繁に使いすぎたり、除光液でのオフのやり方を間違っていると、乾燥が進んで爪の表面が白くなったり、二枚爪になってしまうことも!

今回は健康な爪を守るための正しい除光液の使い方をご紹介します。
 (365675)

除光液は「ノンアセトン」や「爪に優しい」と表示のあるものを選んで!

除光液を選ぶときはアセトンを含まない「ノンアセトン」タイプがおすすめ! 除光液の成分としてよく聞くアセトンはポリッシュが落ちやすい分、爪や指の皮膚への負担も大きいんです。
値段の安さだけで選ばず、「ノンアセトン」や「爪に優しい」といった表示のあるものをチェックしてみてくださいね。

“コットンでゴシゴシ”は絶対NG! 爪を守るネイルオフのポイント

早く落としたくて除光液を含ませたコットンで爪をゴシゴシこするのは絶対NG!

なるべく摩擦を減らすのが爪への負担を減らすポイントです。
1.コットンに除光液をたっぷり取りマニキュアを覆うように爪に乗せる。
2.数秒したら爪の根元から先まですっと引くように拭き取る。
3.ラメなどが残ってしまったら、綿棒に除光液を取り、押さえるように拭き取る。

乾燥を防ぐため除光液を使ったあとは、ハンドクリームやネイルオイルで爪と肌をしっかりと保湿しましょう。

爪を守るためには除光液でのネイルオフは週一回程度が望ましい

除光液を使う頻度を少なくするのも爪を守ることにつながります。多くても週一回程度におさえるのがいいでしょう。
ポリッシュが欠けたからと、全てオフしてもう一度塗りなおすことを繰り返すと、爪への負担が増してしまいます。少しの欠けなら、リペアしたり、ラメを重ねて隠しつつデザインをチェンジするのもアリですね。
また2日に一度はトップコートを重ね塗りすることで、マニキュアを長持ちさせることもできますよ。



Itnail編集部