コラム コラム 2015年7月26日 更新 お気に入り追加 0

少しずつでも揃えたい!ネイルアートやネイルケアに使える便利なアイテム♪

1,677 view
少しずつでも揃えたい!ネイルアートやネイルケアに使える便利なアイテム♪ Itnail編集部

ネイルアートをする前や、普段のネイルケアに使われる道具には、非常にさまざまな種類があります。 今では商品の種類も多数ありますので、最初に全部いっぺんに揃えようとせず…

知っておきたい基本的なネイルアイテム

ネイルアートをする前や、普段のネイルケアに使われる道具には、非常にさまざまな種類があります。

今では商品の種類も多数ありますので、最初に全部いっぺんに揃えようとせず、必要になってきたときに少しずつ揃えていくほうが商品の管理やコストの面でもおすすめです。
 (133236)

今回は主に自爪の形や長さを整えたり、キューティクルなどの処理ができる基本的な道具についてご紹介していきます♪

長さを整える道具

爪やすりの一種としてエメリーがありますが、こちらは目が細かく、自爪の負担を減らしながら削ることができます。

エメリーボードと呼ばれる薄いやすりと、エメリーペーパーと呼ばれる紙やすりがあります。
これに対して人工爪を削るためのネイルファイルというのもあります。

エメリーと比べると目が粗いため、自爪のメンテナンスにはあまりおすすめできません。

甘皮処理関連の道具

甘皮はキューティクルとも呼ばれ、必要以上にあるとネイルアートの邪魔になります。

プッシャーやウッドスティックは、そんな甘皮を整えることを目的とした道具です。

特にウッドスティックは、ネイルアートの際にも便利な道具なので1つは持っておいて損はありません。

爪表面のケアに関する道具

爪表面のツヤを出したりするのに使われるのが、バッファーというゴム製の道具です。

ネイルファイルなどは爪を削ることで長さや形を整えますが、バッファーは爪表面を削ることで凹凸を整えます。

同じ爪を削る道具といっても、バッファーとファイルでは役割が違うので混同しないようにしましょう。

バッファーで爪表面を整えることをバッファリングといいます。

あまりバッファリングをしすぎると、自爪が薄くなったり刺激や衝撃に弱くなります。

無理やり使おうとはせず、クリームなどと合わせて使いましょう。



Itnail編集部