コラム コラム 2015年12月11日 更新 お気に入り追加 0

セルフネイルの人は注意?「ずぼらネイル」によるトラブル

9,979 view
セルフネイルの人は注意?「ずぼらネイル」によるトラブル Itnail編集部

ネイルアートはおしゃれを楽しめる反面、ケアを怠ればさまざまなリスクの危険が高まるものです。トラブルを防止できるように注意すれば、もっとネイルが楽しくなりますよ。

こんなに恐ろしいネイルトラブル

【イットネイル】ネイル関連商品の誤った使用法・ズボラなネイルケアを続けていると、
自爪はダメージを受けて思わぬトラブルにつながることがあります。

特にセルフネイルを続けている人は要注意。
素人のネイルケアやジェルネイルはやはりトラブルが多くなりがちです。
 (308601)

「ずぼらネイル」によるトラブル

ジェルネイルなどを長期間つけっぱなしにしたり、リフトを起こしているのに放置したりなど、ずぼらなネイル管理がいつの間にか大きなトラブルに発展することがあります。
特にリフト状態のジェルネイルやネイルチップの中にカビや細菌が発生して、爪が緑色に見えてしまう恐ろしい「グリーンネイル」も問題になっています。

ネイルチップやジェルネイルのつけっぱなしは絶対にやめましょう。

爪の削りすぎやアセトンによるダメージ

ジェルネイルでは施術前に爪を削ったり整えたりします。
これはジェルを定着させるために必ず必要な工程なのですが、削りすぎたり削り方が間違っていたりすると、爪がどんどん弱って薄くなっていきます。

熱さや痛みを感じることも

また頻繁にジェルネイルを繰り返していることで、
削る機会やアセトンでオフをする機会が増えて、爪が弱く・薄くなっていくことがあります。
こうなると硬化の際にライトが熱くなったり、痛みなどを感じることがあります。

ネイルアイテムは正しく使ってお休み期間も設けよう

マニキュアやジェルはもちろん、ネイルに関する道具は使用法をちゃんと読んで正しく使いましょう。
またジェルネイルはたまにお休み期間を設けて、その期間中は保湿など自爪をいたわるケアをしましょう。
 (308602)

爪の状態は毎日チェックしよう

明らかに爪の状態が悪くなっているのに、ネイルをむやみに続けるのもNGです。
異常が長く続いているように感じたら、早めに病院を受診しましょう。

ネイルアートはおしゃれを楽しめる反面、ケアを怠ればさまざまなリスクの危険が高まるものです。
トラブルを防止できるように注意すれば、もっとネイルが楽しくなりますよ。



Itnail編集部