コラム コラム 2016年2月27日 更新 お気に入り追加 0

難易度高め!上手いスカルプチュアネイルの習得ポイント♪

2,163 view
難易度高め!上手いスカルプチュアネイルの習得ポイント♪ Itnail編集部

ネイルのカテゴリーには、マニキュアネイル・ジェルネイル・スカルプチュアネイルのように大きく分けて三種類あります。 その中でもスカルプチュアネイルは、アクリルパウダーとアクリルリキッドを使って作った人工爪のことを言います。 このスカルプチュアネイルは、他のネイルの種類に比べてとても強度が強いので、 爪の長さを出したい人にピッタリな技術になります。 しかし、スカルプチュアネイルの施術は積み重ねた経験がないと難しいと言われています。 そこで今回は、難易度が高いとされているスカルプチュアネイルを上手く作るポイントをいくつか紹介していきます。

スカルプチュアネイルとは!?

【イットネイル】ネイルのカテゴリーには、マニキュアネイル・ジェルネイル・スカルプチュアネイルのように大きく分けて三種類あります。
その中でもスカルプチュアネイルは、アクリルパウダーとアクリルリキッドを使って作った人工爪のことを言います。
このスカルプチュアネイルは、他のネイルの種類に比べてとても強度が強いので、
爪の長さを出したい人にピッタリな技術になります。
しかし、スカルプチュアネイルの施術は積み重ねた経験がないと難しいと言われています。
そこで今回は、難易度が高いとされているスカルプチュアネイルを上手く作るポイントをいくつか紹介していきます。
 (335041)

まずは基本!下処理のポイント!

自爪の下処理は、どんなネイルをするにあたっても重要なポイントになります。
爪の形を整えたり、表面を軽く削ったりする事が基本のネイルですが、
スカルプチュアネイルは爪の長さを整えることが下処理の中で一番重要なポイント。

★長い状態の自爪だとネイルフォームが上手く付けられない原因になるので、自爪の長さはギリギリまで短く削りましょう。

一つ目の壁!ネイルフォームの付け方!

人工爪を作るのになくてはならない道具が、土台の役割となるネイルフォームです。
このネイルフォームを上手く扱えないと、スカルプチュアネイルの施術は話になりません。

フォームのサイドとフォームのサイドは直線である、
フォームと自爪の境目に隙間を作らないなど気をつけなければいけない点は沢山あります。
その中でも一番のポイントは自爪のタイプに合わせたフォームのカット方法です。

★普通タイプ

自爪が普通の形である人は、本来のフォームのカーブに合わせてフィットするように少しずつカットしていく。

★巻き爪タイプ

自爪が巻き気味でサイドに肉がついている人は、
フォームのカーブを落としスクエアの形にカットしてから、フィットするように少しずつカットしていく。

このポイントを押さえておくだけで難しいフォームの扱い方が軽減されます。

二つ目の壁!ミクスチュアの作り方と置き方!

アクリルパウダーとアクリルリキッドを使って作ったボールのミクスチュアを、
どのように爪に置いていくか分かりやすく紹介します。

①ミクスチュアをフォームと自爪の境目に置き、人工爪の爪先を作る。
②ミクスチュアを自爪の根元に置き、人工爪の爪先にかけて凹凸をなくしていく。

この順番を守りながら注意する点は、一度で作ろうとしない事!ミクスチュアを使う時は素早く施術をする事!
また、基本は一度で人工爪を作ろうとせず、ミクスチュアは薄く丁寧に作っていく事でがポイントです。

この3つのポイントを押さえて、是非難易度が高いスカルプチュアネイルをマスターしてみてください♪



Itnail編集部