コラム コラム 2016年3月21日 更新 お気に入り追加 0

セルフネイラーさん必見!ジェルネイルのカラーバリエーションを豊富に!自分で簡単に安く作る方法

1,542 view
セルフネイラーさん必見!ジェルネイルのカラーバリエーションを豊富に!自分で簡単に安く作る方法 Itnail編集部

セルフジェルネイラーさんのお悩みはカラーバリエーション。正直ジェルはあまり安いものではなく、まして自分一人で使うのにそんなに色が揃えられないですよね。とはいえ、毎回同じ色はつまらない、そこで安あがりに、しかも簡単にカラージェルを作る方法、ぜひマスターしてみて!

カラー顔料は安くてオリジナルカラーも作れる

 (382379)

【イットネイル】まずおすすめしたいのがカラー顔料。実際オーダーでカラージェルを作ってくれるお店は使っている方法です。ネイルグッズ屋さんや画材屋さん、フィギュア製作アイテムなどを扱うお店においてあるもので、パウダー状の顔料です。この顔料をクリアジェルに混ぜるだけ。アルミホイルの上で必要な分だけ混ぜて使えばあまることもなくおすすめ。
またパウダー状なのでほかの色と混ぜることも可能です。たとえば赤の顔料と白の顔料を混ぜればピンクに。白の濃度も自分で調節できるため色の可能性は無限。黒と白で作ったグレーを混ぜればスモーキーカラーもできちゃいます。
基本、顔料は200~300円程度で購入可能。一番使い勝手がよく、パール顔料などもあるため、マット顔料の上からクリアパールなどをのせてどんな色でもパールにすることも可能で、作って楽しい一品。

使わなくなったアイシャドウを利用

 (382380)

誰もが絶対にもっている使わなくなったアイシャドウ。5色入りパレットなどを購入したときに絶対使わない色ってありますよね。ぜひそれを再利用してみて。
アイシャドウはパウダー状のものを圧縮してあるため押しつぶせば粉末になります。しかしさらさらにパウダーにするのは意外と大変かも。また色が比較的似通ったものばかりになりがち。しかし程よいパール感などはコスメならではの魅力です。こちらも2色混ぜて使ってもOK。
顔料にもいえることですがパウダー状のものを入れすぎると固まりにくい、といった現象が起こることもあるので要注意。程よい量を混ぜるようにして!

眠っている文房具、アクリル絵の具も使える!

 (382381)

学生時代に使っていたアクリル絵の具。これも意外と使える場合も。こちらもクリアジェルに混ぜるだけ。しかし、顔料、アイシャドウと違い、アクリル絵の具は水分を多少含んでいます。そのため、入れすぎると固まらない、よれる、ムラが出るという場合も。少量しか混ぜられないけど使える、程度の認識で使いましょう。そのため透明感のある色にはおすすめ。またアクリル絵の具は肌に使うためのものではありません。そのためベースジェルは少し厚めに乗せたほうが無難。クリアベースジェルなしは絶対にNGです。色素沈着して爪が変色してしまいますよ。

このようにリーズナブルに自分でカラージェルを簡単につくれるので楽しみの幅も広がるはず。
でも注意点も。混ぜたジェルはなるべく早めに使うことをおすすめします。綺麗な色が出来たからまた使おうとたくさん作って容器に入れても、ジェルによっては空気に触れることが劣化の原因になるメーカーも。そのため混ぜることでジェルがちょっと固くなってしまった、なんてこともありえます。
さらに、パウダー状とアクリル絵の具のように形状の違うものは混ぜないほうがいいでしょう。ムラの原因になります。
色々チャレンジしてみるものセルフネイルの魅力。カラーバリエーション豊かにジェルネイルを楽しんで!



Itnail編集部