コラム コラム 2016年3月13日 更新 お気に入り追加 0

自宅で簡単ジェルネイル!サロンを卒業してセルフネイルデビューする方法

1,506 view
自宅で簡単ジェルネイル!サロンを卒業してセルフネイルデビューする方法 Itnail編集部

昔よりも身近になったジェルネイル。 セルフでできるようになれば、ネイルサロンに行くよりもずっと、ネイル費用を節約できるようになります。 最近は、ジェルネイルを生産しているメーカーもたくさん増えているので、さまざまなタイプのカラージェルをさまざまなお店で購入することができるようになりました。 セルフジェルネイルをやってみたいけど・・・と迷っている方に向けて、基本的な始め方や必要な道具・準備について紹介しています。

そろそろセルフでジェルネイルがやりたい!

【イットネイル】ジェルネイルは難しいからとネイルサロンを利用していた人、マニキュアでネイルを続けている人の中には、「そろそろセルフジェルネイルに挑戦したい」と考えている人も多いのではないでしょうか?

マニキュアよりも技術や手間が必要と思われがちで、ハードルが上がりがちなジェルネイル。
しかし、道具があれば特別な資格・技術などを持っていなくても自分ですることが可能です。

地方住まいなため、身近なお店ではジェルや道具が揃いにくいという人でも、インターネット通販を利用すれば簡単に入手することもできるようになっています。
このように、昔と比べてずっと身近になったジェルネイルは、サロンからセルフに切り替えている人が増えつつあります。
 (370466)

まずはスターターキットを買おう

ジェルネイルを始めたい人におすすめなのが、専用のスターターキット。
さまざまなメーカーからさまざまなタイプのキットが登場しています。

ちなみにこれらのキットには、ジェルネイルの「硬化」という過程に欠かせない「硬化ライト」が入っています。
このライトにはUVとLEDがあるのですが、これから始めるという人は、LEDが断然おすすめ。
UVよりも硬化が早くライトが長持ちするので、コストや時間を節約することができますよ。

カラージェルを買おう

スターターキットにもジェルはいくつか入っていますが、必要に応じてカラージェルを揃えていきましょう。
ただし、手持ちのライトでも硬化できるか確認してから買いましょうね。

オフに必要なリムーバー

ジェルネイルのオフはマニキュア用のリムーバーではなく、ジェルを落とせるリムーバーを用意しましょう。
正しいオフを覚えて、自爪にやさしいオフができるようになりましょう。

スターターキットを買ったあとは、必要に応じて道具やパーツを揃えていきましょう。
時短や節約のためにも、思い切ってセルフジェルネイルデビューしてみませんか?



Itnail編集部