コラム コラム 2015年12月24日 更新 お気に入り追加 0

ネイルチップの正しい付け方を知って、美しい仕上がりを手に入れよう!

2,927 view
ネイルチップの正しい付け方を知って、美しい仕上がりを手に入れよう! Itnail編集部

簡単に付けたりはずしたりできるネイルチップは、手軽に指先のおしゃれを楽しめる人気のアイテム。シンプルなフレンチネイルからゴージャスなデザインのものまで、種類が豊富なのもうれしいですね。でも、自分で付けてみて自爪と上手く合わなかったり、すぐはずれてしまった!なんて経験したことはありませんか? ネイルチップはちょっとしたコツを覚えれば、見た目も付け心地もよりフィットさせることができます! ネイルグルーを使う方法もありますが、ここでは両面テープを使った付け方をご紹介します。

便利なネイルチップは、付け方のコツを知ってよりフィットした仕上がりに!

【イットネイル】簡単に付けたりはずしたりできるネイルチップは、手軽に指先のおしゃれを楽しめる人気のアイテム。シンプルなフレンチネイルからゴージャスなデザインのものまで、種類が豊富なのもうれしいですね。でも、自分で付けてみて自爪と上手く合わなかったり、すぐはずれてしまった!なんて経験したことはありませんか? ネイルチップはちょっとしたコツを覚えれば、見た目も付け心地もよりフィットさせることができます! ネイルグルーを使う方法もありますが、ここでは両面テープを使った付け方をご紹介します。
 (340162)

まずはネイルチップを自爪に合わせてファイリングしよう!

用意するものはネイルチップ、両面シール、ファイル(爪用やすり)です。
ネイルチップを選ぶ基準は横幅です。チップを自爪に合わせてみて、幅がぴったり合うものか、少し大きめのものを選びましょう。
次にチップを自分の爪の形に合わせてファイルで削ります。横幅と爪の根元の形を合わせるのがポイント! チップを爪にあててみて、はみ出したところを削っていきます。一気に削らずに何度も合わせて少しずつ削ると、自然な仕上がりになりますよ!
形が削れたらチップの裏にシールを貼ります。はみ出しはハサミ等でカットしてくださいね。はく離紙をはがす前に爪にあててみて、チップのカーブがきつくて自爪から浮いている感じがしたら、シールを何枚か重ねるとフィット感を調節できます!

ネイルチップを付ける前の下地作りも大切なポイント

ネイルチップを付ける前に、土台となる自爪を整えましょう。チップの装着感を強めるためには、自爪は短めに削り、表面もバッファーで滑らかにしておくのがポイントです。
爪の表面に油分や汚れが残っていると、チップがはがれやすくなります。チップを付ける直前に手はキレイに洗い、自爪は表面をアルコールかリムーバーで拭いておきましょう!
手を洗った水分がよく乾いたら、いよいよチップを貼ります。はく離紙をはがしたチップと自爪の根元を合わせて、先端に向けて傾けるようにゆっくり合わせましょう。全体を軽く押さえたら出来上がりです! 貼る時に両面テープの接着面を指で触ると接着力が弱くなってしまいますから、気を付けてくださいね。

ネイルチップを長持ちさせるには水分を避けること!

ネイルチップを長持ちさせるポイントは、出来るだけ水分を避けることです。手を洗う時は手のひらだけを濡らすか、ウエットティッシュで拭くようにすると、長持ちさせることができますよ! また他のネイルアートと同じように衝撃や負荷をなるべくかけないよう、優しく扱うことも大切です。



Itnail編集部