コラム コラム 2015年11月7日 更新 お気に入り追加 2

乾燥大敵!!ネイルを長持ちさせることにも繋がるハンドケア方法♪

2,283 view
乾燥大敵!!ネイルを長持ちさせることにも繋がるハンドケア方法♪ Itnail編集部

乾燥トラブルは顔や体だけでなく手にも現れ、ネイルが剥がれやすくなったり、せっかくのネイルを残念な印象にしてしまうのです。そこで今回は乾燥トラブルを乗り越えるためのハンドケア方法をいくつか紹介していきます。

女性の天敵でもある乾燥トラブル

【イットネイル】寒くなると乾燥のトラブルに1度は悩んだ事がある女性も多いのではないでしょうか?
乾燥で化粧が上手くいかない!乾燥して痒くて粉がふいちゃうなど...さまざまな乾燥トラブルがあります。
そんな乾燥トラブルは顔や体だけでなく手にも現れ、ネイルが剥がれやすくなったり、せっかくのネイルを残念な印象にしてしまうのです。
そこで今回は乾燥トラブルを乗り越えるためのハンドケア方法をいくつか紹介していきます。
 (317346)

手袋活用ハンドケア方法

手は体の中でも良く使い、良く動かす部位にあたります。
そんな手に対して日ごろどのように注意をしていますか?
まず簡単で安く実践できるアイテムが『手袋』です。
手袋はナイロン製や綿製などのようにさまざまな種類がありますが、一番のポイントは用途によって使い分ける事です。

★水仕事用
実は水やお湯を使った後が一番肌を乾燥させると言われています。
そこで水を使う仕事(洗い物など)の時は厚手のゴム製手袋を使うのがお勧めです。
毎回ゴム手袋をつけて洗い物をするのはメンドクサイかもしれませんが、乾燥させない為にもしっかり保護して手を守ってあげましょう。

★料理の下準備用
野菜を洗ったり肉を切ったりする料理の下準備では、野菜の汚れや灰汁、肉の油などが手を荒れさせる原因にがります。
そんな料理の下準備では薄手のビニール製の手袋を使うのがお勧めです。
手袋をした状態で料理は慣れるまで違和感を覚えるかもしれませんが、美肌に繋がるので是非習慣づけてください。

★保湿用
顔のケア方法と同様で手も保湿が重要なケア方法になります。
そんな保湿ケアをする時は優しい綿製の手袋を使うのがお勧めです。
綿は肌に優しいので保湿ケアと相性がピッタリです。
就寝時のように手を使わない時はこまめに綿製の手袋をして保湿してあげましょう。

このように用途によって手袋を使い分ける事でハンドケアの効力が倍増するので是非使い分けてみてみてください。

ハンドクリームでハンドケア対策

手は年齢が出る!年齢を隠せないとも言われており、体の中でも正直な部位になります。
そんな正直な手を乾燥から守るのに適しているアイテムがハンドクリームです。

★ハンドケアの基本
①綺麗に洗った手に化粧水を塗る
②ハンドクリームを丁寧にマッサージしながら浸透させる
③綿製の手袋で保護して完了

このように簡単にケアできるのでズボラさんにもお勧めです。
是非、手のケアを習慣づけて乾燥から手とネイルを守って心地よいネイルライフを満喫してください♪



Itnail編集部