コラム コラム 2015年10月12日 更新 お気に入り追加 4

自爪にもやさしい♪ネイルの正しい落とし方・ジェルネイル編

5,353 view
自爪にもやさしい♪ネイルの正しい落とし方・ジェルネイル編 Itnail編集部

ジェルネイルは正しいオフの仕方で落とさないと、自爪があっという間に痛んでいきます。今回は自爪をなるべく傷めないための、セルフジェルネイルの正しい落とし方について解説しています。

ジェルネイルは正しくオフしよう

【イットネイル】ジェルネイルは正しいオフの仕方で落とさないと、自爪があっという間に痛んでいきます。
今回は自爪をなるべく傷めないための、セルフジェルネイルの正しい落とし方について解説しています。
 (296150)

用意するのはカットしたコットン・同じくカットしたアルミホイル・ジェルネイルが落とせるリムーバーです。
コットンは4つ切りくらいがちょうどいい大きさになります。
コットンとアルミホイルは、指10本分を用意しておきましょう。
まとめて包んで捨てられるように、チラシや新聞紙などをしいておいてもいいでしょう。

オフのタイミングは、お風呂上りのリラックスタイムがおすすめ。
テレビを見ながらするといいでしょう。

ジェル表面に軽く傷をつける

オフしたい指のジェル部分は、軽く傷つけておきます。
これはリムーバーを浸透させ、落としやすくするために必要な作業です。
ただし削りすぎて自爪をいっしょに傷つけないようにしましょう。

仕上げ用にハードジェルを使用している場合は、きちんと削っておかないとオフに時間がかかります。
色が落ちて、ツヤがなくなるくらいに削っておくといいでしょう。

コットンとアルミを巻いて温める

リムーバーを浸したコットンをネイル上に置き、その上にアルミを巻いてなじませます。
アルミはリムーバーが蒸発するのを防ぐのに必要です。
リムーバーを使っている間は換気を忘れないようにしましょう。

タオルなどを巻いておくと、温まってジェルが落ちやすくなります。
ただしリムーバーに火気は厳禁。
無理に温めようとストーブなどを近づけないようにしてください。
 (296156)

ジェルをそぎ落とす

しばらくするとジェルが浮いてふやけた状態になります。
オレンジウッドスティックなどで少しずつそぎ落としましょう。
あくまで少しずつで、いっぺんに落とすのはNG。

どうしても残った部分は、もう一度リムーバーをコットンにしみこませアルミを巻いて、3分ほど放置して同じ作業を繰り返します。

最後はオイルやクリームで保湿を忘れないようにしましょう。
最初はちょっと面倒かもしれませんが、丁寧に少しずつ落とすのが爪にやさしくするコツです。



Itnail編集部