コラム コラム 2017年1月10日 更新 お気に入り追加 0

冬もフットネイルがしたい!かかとのガサガサと爪のボコボコを防ごう

433 view
冬もフットネイルがしたい!かかとのガサガサと爪のボコボコを防ごう Itnail編集部

フットネイル(ペディキュア)をしていないときでも、手と違ってお手入れが行き届きにくい、足の爪やかかとのお手入れは必須! 冬は露出の機会が少ない分、空気がこもりやすく乾燥やダメージにさらされることも多いです。寒い季節は生足を出す機会が少なく、フットケアやフットネイルをしていても、あまり意味がないと思うでしょう。またブーツなどを履く機会が増える冬の季節は、足の爪がボコボコになったり、変色しやすい時期でもあります。

爪のボコボコ化に注意!

足の爪やかかとのお手入れをさぼりがちな冬の季節。
しかし年末年始や旅行など、思わぬタイミングで、人前で素足になる機会もあります。
そんなときに、「足に自信がない!」「爪の手入れしていない!」と焦ることにならないようにしたいものです。
以下のような点には特に注意して、きれいな爪を保ってくださいね。
 (525380)

●ブーツサイズに注意?
裸足で過ごすことが多い夏や春と違いブーツを履く機会の多い冬は、つま先や足の爪が圧迫されたり窮屈な状態が増えます。
ずばり、このような状態が足の爪の不調を招いています。
つま先が窮屈な状態が増えると、足の爪がボコボコしたり、色が悪くなることもあります。
特にヒールの高い靴やつま先が尖っている靴、サイズの合っていない靴などには十分注意しましょう。

●かかとのお手入れ
せっかくフットネイルをしていても、かかとがザラザラではかっこ悪いですね。
かかとは、角質が硬くなってどうしてもざらつきや乾燥が起こりやすい箇所です。
最近は、女性向けのかかとケア専用アイテムがたくさん売られていますので、そちらで丁寧なケアをするのがおすすめです。

冬だからこそきれいにしたい足の爪

空気がこもりやすく汚れやすい足の爪は、お風呂で普通に洗うだけでは、汚れがたまりやすくなることも。
また皮膚と爪の間に垢がたまり、これによって足から嫌なにおいが出ることもあります。
普段から、定期的に足の爪を洗浄して清潔にしましょう。

足の爪はやわらかい歯ブラシを使って、たっぷりの泡を使って、お風呂で丁寧に洗うのがおすすめです。
爪専用の「爪ブラシ」もありますので、そちらを利用してもかまいません。

フットネイルの注意点

●事前にお手入れが必要
フットネイルをしたいのに、足の爪がボコボコ!なんてケースはもはや珍しくありません。
手の爪と違って、ケアをさぼりがちな足の爪は、ネイルアートをする前にお手入れが必要なことが多いです。
もしボコボコの爪の状態のままでフットネイルをしても、カラーやストーンがはがれやすくなるため、何度も手直しなどが必要になります。

足や爪をきれいに洗うのはもちろん、エメリーボードで形を整えたり、表面を磨いたりする必要があります。
爪だけでなく足の指も汚れたり、においがきつかったりしませんか?
指の間まで丁寧に洗って、清潔な状態でネイルに挑戦したいものです。
 (525386)

いかがでしたか?
冬だからといって、フットネイルやフットケアには手を抜きたくないですね。
多くの人が足元のおしゃれに手を抜きがちな冬の季節だからこそ、フットネイルを楽しみましょう。



Itnail編集部