コラム コラム 2016年3月13日 更新 お気に入り追加 1

ジェルネイルに必須!ジェルクリーナーの基礎知識と正しい選び方

1,023 view
ジェルネイルに必須!ジェルクリーナーの基礎知識と正しい選び方 Itnail編集部

セルフでジェルネイルをしている人にとって、必須のネイルアイテムとして、「ジェルクリーナー」があります。 特に、未硬化状態のジェルを拭き取るために、使われています。 具体的には、ライトで硬化をした後に、ネイルの表面に残ってしまったジェル(=未硬化ジェル)を拭き取るのに使います。 そんなジェルクリーナーを正しく使うために、ジェルクリーナーの役割・購入の仕方や選び方・ネイルクレンザーとの違いなどを解説しています。

ジェルクリーナーとは?

【イットネイル】ジェルクリーナーは、その名の通りジェルを拭き取ってきれいにするためのアイテムです。
他の必須アイテムと違ってちょっと忘れがちですが、初めてセルフジェルネイルを始める際には忘れず準備をしておきましょう。
 (375269)

ジェルクリーナーの選び方

必須アイテムというだけあって、初心者向けのジェルネイルキットにも、入っていることが多いです。
配合成分や値段などにそこまで差はなく、単体で購入の際もあまり難しく考える必要はありません。
ただし、成分比がメーカーによって微妙に異なることがあります。
また名称もメーカーによって、呼び方に微妙な違いが見られるので注意しましょう。

ジェルによってはジェルクリーナー不要

最近は、カラージェルの方にもさまざまな種類が登場しています。
そのうち一つが、ジェルクリーナー不要タイプのジェルです。
つまり未硬化のジェルが出ることがなく、ジェルクリーナーによる未硬化ジェルの拭き取りという過程が、不要になるという新しいタイプのジェルです。
上手に使えばジェルクリーナーのコストはもちろん、拭き取りの時間を減らすことができます。

一見便利なのですが、あまりきれいに固まらない・ライトの種類によっては上手くいかない、といった欠点も見られます。

ネイルクレンザーとの違い

ジェルクリーナーと似たようなアイテムとしてネイルクレンザーがありますが、実際には役割が異なりますので、混同しない様にしましょう。
ジェルクリーナーが未硬化ジェル拭き取りに使うのに対して、ネイルクレンザーはジェルを塗る前に爪表面の汚れや油分を除くのに使うものです。

成分などが少し似ていますが、ネイルクレンザーとジェルクリーナーは別のアイテムですから、役割を兼ねることはできません。
必ず、別々に買って用意し、使い分けましょう。

きれいなジェルネイルに仕上げるためには、意外と大事なジェルクリーナー。
正しい選び方と使い方を守りましょう。



Itnail編集部