コラム コラム 2015年7月27日 更新 お気に入り追加 0

ハンドにもうまくブラックを取り入れよう☆デキる女のネイルアート

1,802 view
ハンドにもうまくブラックを取り入れよう☆デキる女のネイルアート Itnail編集部

モノトーンファッションは大人女子にとって、定番の決まるスタイル。 体型も引き締まって見えますし、上品で間違いのないカラー、それが黒色です。 洋服やカバンなどのファッションアイテムとして黒色は本当に使えますが、ネイルにはどうでしょう? 指先に黒色を使うとかなり目立ったり、毒々しい印象になりかねません。

ハンドネイルにいける黒色使い

モノトーンファッションは大人女子にとって、定番の決まるスタイル。

体型も引き締まって見えますし、上品で間違いのないカラー、それが黒色です。

洋服やカバンなどのファッションアイテムとして黒色は本当に使えますが、ネイルにはどうでしょう?

指先に黒色を使うとかなり目立ったり、毒々しい印象になりかねません。
 (119643)

モノトーンスタイルでばっちり決まっていても、指先が強烈だと男子も一気に引いちゃう!

でも、黒色好きならネイルにもブラックカラーを取り入れたいですよね。

たっぷり使うと、あるいは他のカラーとの組み合わせによっては強烈なデザインになりかねません。

ですが、上手な黒色使いでとてもスタイリッシュな大人女子ネイルが完成しますよ☆

クリアベースを活用しよう

ブラックの1色べた塗りはロック系パンク系ゴスロリ系にばっちりですが、モノトーンのシックなスタイルやスーツには似合いません。

大人綺麗に黒色を使うなら、まずはクリアベースに塗りましょう。

クリアベースがのぞいているだけで、黒色の強いインパクトを和らげる効果があります。

描く柄によって雰囲気が変わる黒

そして、その黒色はベタベタと広げるのではなく、ラインとして使うのがオススメ☆

細かなネイルアートとなるので、セルフよりもサロンでの施術が向いているかもしれません。

ストライプやボーダーよりもなめらかな曲線の方が柔らかく見えますし、線も太いより細い方が繊細に見えます。

それらの効果が全て、黒色を控えめなデザインに作り上げてくれます。

クロコダイル風な模様、ガラスのひび割れのような模様、蜘蛛の巣みたいな模様、あるいはハート模様、花の形の縁取り、英文字etc…

描く柄によってシャープながらも雰囲気が変わります。

黒をうまく取り入れて、ネイルをもっと楽しく♪

筆使いは難しいですが、細く縁取りとして描きましょう。

ショートよりロングの方が似合うデザインなので、自爪を伸ばすかスカルプで長めにするといいですね。

黒色だけではなくポイントでホワイトラインを入れたり、ブラウンラインを入れたり、可愛くピンクを入れるなんてのもアリ☆

そこは施術者のセンスによるところです。

ラメや小さなラインストーンで秘かにキラキラさせるのも良し、ビジューでごってり飾るのも良し。

ハンドネイルへの黒色取り入れがうまくなれば、シックな大人ネイルがどんどん楽しめるようになりますね♪



Itnail編集部