コラム コラム 2016年3月24日 更新 お気に入り追加 1

もしかしてゴシゴシこすってない!?マニキュアを使ったネイルの綺麗な落とし方まとめ

929 view
もしかしてゴシゴシこすってない!?マニキュアを使ったネイルの綺麗な落とし方まとめ Itnail編集部

簡単に落とせて手軽にネイルアートを楽しむことができるマニキュア。でも、その落とし方を間違えると爪がボロボロになってしまうことがあります。ネイルアートを楽しむためには健康な爪を維持することが必須ですので、正しいマニキュアの落とし方について、もう一度確認しておきましょう!

マニキュアを落とす除光液は意外と爪に負担がかかる!

 (384904)

【イットネイル】ネイルアートの必須アイテムである「マニキュア」。最近はラメやホロが沢山はいったものや塗るだけで華やかなアートが楽しめるものなど、色々な種類のマニキュアが販売されていますよね。
ただ、ホロやラメが入ったマニキュアは、普通のカラーマニキュアと比べて落としにくい傾向にあります。皆様の中にも、なかなかラメが落ちなくて除光液を染み込ませたコットンでゴシゴシこすってしまっている方がいるのではないでしょうか!?

実はこれ、爪にとても大きな負担をかけてしまうのです。
そもそも除光液というのはアセトンやエタノールの作用によってマニキュアを溶かすものなのですが、この時溶かされるのはマニキュアだけではなく、爪や皮脂、水分までもが解け出てしまいます。
そのため除光液で爪表面を何度もゴシゴシこすっていると、やがて爪がボロボロになってネイルアートを楽しめなくなる…、なんて事態に陥ってしまう可能性があるのです。

正しいマニキュアの落とし方について

 (384905)

健康的で美しいネイルを保つためにも、マニキュアを落とす時は正しいやり方で作業するようにしましょう。

<用意するもの>

・アルミホイル
・コットン
・除光液

<正しいマニキュアの落とし方>

①コットンを1/4くらいにカットし、除光液をたっぷりと染み込ませます。
②除光液を染み込ませたコットンを、爪の上に置きます。
③アルミホイルで指先を包み、除光液の揮発を防ぎます。
④そのままの状態で5~10分程度放置します。
⑤アルミホイルを取り、根元から爪先に向かってコットンを滑らせてマニキュアを落とします。

以上でマニキュアオフは完了です!
マニキュアは正しいやり方で落とすことで爪への負担を和らげることができますので、ぜひ実践してみてくださいね。

マニキュアを落とした後は保湿ケアを忘れずに!

 (384906)

マニキュアを落とした後の爪や指先は、油分や水分を奪われてとてもデリケートな状態になっています。そして爪の乾燥は、爪の割れや二枚爪の原因となってしまうことがあります。そこで除光液を使ってマニキュアを落とした後は、化粧水やキューティクルオイルを使ってしっかりと保湿ケアをしましょう。奪われた水分を補給してあげることで、様々な肌・ネイルトラブルを予防することができます。
また保湿ケアをした後はクリームを塗って仕上げると、補給した水分の蒸発を防ぐことができます。

大好きなネイルを楽しむためにも、マニキュアをした後はこれを落とす時まで手抜きしないようにしましょうね!



Itnail編集部