コラム コラム 2015年7月26日 更新 お気に入り追加 0

使いやすさをキープ❤ジェルネイルを保存するコツ

5,398 view
使いやすさをキープ❤ジェルネイルを保存するコツ Itnail編集部

ジェルネイル用のジェルは、UVライトで固めるという性質のため、日常の紫外線で固ってしまいます。なので、使用中の扱いも大事ですが、ジェルを保存するときに気をつけるのも大事!基本の保管場所ですが、紫外線や日の当たらない冷暗所に保管しましょう。窓際など、温度差の大きい場所で保管すると…

ジェルネイルを保存するコツをご紹介♪

ジェルネイル用のジェルは、UVライトで固めるという性質のため、日常の紫外線で固ってしまいます。
なので、使用中の扱いも大事ですが、ジェルを保存するときに気をつけるのも大事!

基本の保管場所ですが、紫外線や日の当たらない冷暗所に保管しましょう。
窓際など、温度差の大きい場所で保管すると、ジェル容器内の気圧変化が原因でジェルが漏れ出す事もあるので要注意です!

また、保管の際は容器を横にしてしまうのも、ジェルが漏れ出す原因になります。平坦な場所で箱などに入れて保管するのがおススメ。
 (151268)

また、ジェルを保管する前に、ジェルクリーナーなどで蓋の内側の溝や容器の外側も拭き取りましょう。
ジェルクリーナーをキッチンペーパーなどに染み込ませ、ベタつきが気になる部分を拭き取るだけで容器ごときれいにキープできます。

この時にジェルクリーナーが容器の中に入ってしまわないように注意!
ジェルの劣化や硬化しないなどの原因になります。

また、拭き取る時にコットンなど細かい繊維が毛羽立っているものは、繊維が入ってしまうのでNG。
キッチンペーパーなど繊維が毛羽立っていないものを使用すると防げます。
 (151272)

顔料やグリッターなどを使ってオリジナルカラーを作った場合、調合したジェルはその時に使い切るのが理想ですが、余ってしまったジェルを保存するには、光を通さないケースに入れて保管します。

ただし、オリジナルカラーなど作る際に調合したジェルは長期間保存しておくと変質や変色、劣化、硬化しないなどの原因になりますので、早めに使い切るようにしましょう。
 (151270)

ジェルは開封したときから劣化が始まってしまいます。きちんと保管して、使いきるまでジェルの品質が保てるようにしたいですね。



Itnail編集部