コラム コラム 2016年2月6日 更新 お気に入り追加 0

ジェルネイルはセルフでオフ!ネイルを傷付けずキレイにオフするテクを身に付けよう。

4,398 view
ジェルネイルはセルフでオフ!ネイルを傷付けずキレイにオフするテクを身に付けよう。 Itnail編集部

どんなに長持ちするジェルも、日にちが経てばどうしても外れてきてしまうモノ。根本が浮いてきて髪の毛に引っかかったり、先端が剥がれてしまったり、ツヤも無くなってきたり・・・一度外れてきてしまうと気になってしまいますよネ。すぐにでもサロンへ行きたいけど都合が付かない時、せめてオフだけでも自分でできたら!と思った事はありませんか。オフは慣れてしまえば、ちっともムズカしい事ではないのです。いつでも自分でできるネイルオフを、ぜひ覚えてください。

使用する道具は手に入りやすモノばかり、たったの5つ!

 (362551)

【イットネイル】まずは必要な道具を揃えましょう。とは言っても、大それたモノは無く、どれも身近な所で手に入るモノばかりなんです。

1つ目はキューティクルプッシャー。爪のカーブに沿ったヘラが付いたもので、ドラッグストアや通販で¥1000前後で購入できます。

2つ目はアセトン。マニキュアの場合だとリムーバーに該当します。ジェルを溶かしてくれる薬品ですネ。ドラッグストアで置いている所もありますし、ソニプラやロフトでも扱っています。

3つ目はファイルです。爪の表面を削るのに使用するヤスリで、目が粗いモノから細かいモノまで種類がたくさんあります。数字が小さくなる程目が粗くなり、100~150G位のモノが良いでしょう。こちらもドラッグストアなどで買うことができます。

そして最後はアルミホイルとコットンです。これは普段使用しているモノで充分です。

ポイントはとにかく優しく!爪を傷付けないよう気を付けよう。

 (362552)

道具がそろったらいよいよオフ!剥がしたジェルやダスト(爪の粉)が飛ぶので新聞紙を広げると後片付けがラクです。
まずジェルの表面をファイルで削ります。これは表面に凹凸を作り、アセトンを染み込ませ易くする為なので削り過ぎないように注意しましょう。優しく表面だけ傷付けるのがポイントです。真ん中だけでなく、上下左右も平均的に削ってジェル全体のツヤを無くしていきましょう。
すべての爪を削り終わったらアセトンを付けていきます。爪のサイズにカットしたコットンにアセトンを染み込ませ、そのコットンを1枚ずつ爪に巻きます。アルミホイルで包みこむように、しっかり巻いていきます。巻き終わったらそのまま10~15分放置し、アセトンがジェルネイルに染み込むのを待ちましょう。
様子を見てジェルが剥がれてきたらアルミホイルとコットンを外し、キューティクルプッシャーでジェルを剥がします。アセトンがしっかり染み込んでいれば、力を加えなくてもスルッと剥がれるので優しく取っていきましょう。ムリな力を加えると爪が傷ついてしまいますので、とにかく優しくやる事がポイントです。取れ辛い場合は、もう一度アルミホイルを巻いてアセトンをよく染み込ませましょう。
すべてOffできたら、スポンジバッファーで表面を滑らかにすると、よりキレイに仕上がります。

ジェルをオフした後は保湿が大事!

 (362553)

すべてのジェルをキレイにオフできたら充分に保湿をしましょう。爪の周りの皮膚が白っぽくなっていませんか。それはアセトンによって皮膚の油分や水分が取られた証拠、とても乾燥した状態なのです。ハンドクリームに加え、爪の周りにキューティクルオイルを塗ってあげるとより保湿力が高まります。
仕事の都合や冠婚葬祭など、急な用でジェルを落とさなきゃいけないとなると慌ててしまいますよネ。これからも長くジェルネイルを楽しむ為に、セルフのジェルネイルオフをぜひ身に付けましょう。



Itnail編集部