コラム コラム 2015年7月25日 更新 お気に入り追加 0

プロのネイリストも多く取得しているJNEネイリスト技能検定試験って?

2,456 view
プロのネイリストも多く取得しているJNEネイリスト技能検定試験って? Itnail編集部

近年はプロのネイリストを目指す人も増えています。日本のネイリスト関連の資格も数が増えてきているのですが、ネイルサロンなどへの就職に必ずしも…

JNEネイリスト技能検定試験とは?

【イットネイル】近年はプロのネイリストを目指す人も増えています。
日本のネイリスト関連の資格も数が増えてきているのですが、ネイルサロンなどへの就職に必ずしも資格が必要というわけでもありません。

しかし実際は、資格を一つでもとっておいたほうが就職活動に有利になることは確かです。
今回はプロの方が多く持っている資格の一つである「JNEネイリスト技能検定試験」についてご紹介します。
 (170254)

日本ネイリスト検定試験センター(JNE)によるネイリスト資格試験です。
ネイリストの正しい技術・知識の向上を目的としています。
スタートしたのが1997年と、日本のネイル関連資格としてはもっとも歴史や実績があるといえます。

3級から1級まであり、筆記試験と実技試験があります。
実技試験で落ちてしまっても、結果が筆記だけ合格していた場合は、次回の同級受験に限り筆記試験が免除されます。

申し込みはスマートフォンかパソコンページからでも行えます。
それ以外は試験要項を取り寄せた上で、郵便局を通して申し込みをすることになります。

なお、実技試験の方では身近な人(家族・親戚・友人など)にハンドモデルをお願いする必要があります。

3級

高校生以上であればどなたでも受験できる、ネイリストベーシックの試験です。
ネイルケアやネイルアートに関する基本的な知識と、技術が試されます。

合格率は90%と高いですが、ネイリスト初級の資格なので、実際にネイリストとしての就職を目指すのであれば3級だけでは不十分です。
就職活動を有利にするのであれば、2級の資格も取得しておくことをおすすめします。

2級

ネイルサロンでの業務でも通用するほどのネイルケアやリペア、チップ・ラップ、ネイルアート技術や知識が試されます。

3級に合格していることが受験条件です。

1級

トップレベルのプロネイリストとして必要な総合的知識・技術を試されます。

JNEネイリスト技能検定試験においてもっともレベルの高く合格率は約38.7%と低めです。
取得しておくとネイリストとしての就職・転職にかなり有利になります。



Itnail編集部