コラム コラム 2015年7月26日 更新 お気に入り追加 0

ギャルに大人気☆アクリルで爪の長さを出すスカルプチュア

5,248 view
ギャルに大人気☆アクリルで爪の長さを出すスカルプチュア Itnail編集部

長い爪にしたいならスカルプチュアをするかネイルチップを使わなければなりません。 自爪を伸ばせば長く出来ますが、その場合今すぐは無理! 三ヶ月くらいは待たなければなりませんので、気の長い話です。

綺麗な指先を長期間楽しめる長持ちネイル♪

長い爪にしたいならスカルプチュアをするかネイルチップを使わなければなりません。

自爪を伸ばせば長く出来ますが、その場合今すぐは無理!

三ヶ月くらいは待たなければなりませんので、気の長い話です。
 (98704)

ネイルチップは一時的にしか機能せず、当日だけ楽しむのに向いています。

スカルプチュアは長くて一ヶ月持つので、ずっとロングを楽しみたい人はスカルプで決まり☆

かなりの長さまで伸ばせるので、インパクト大のすらりとした手元が実現します。

スカルプチュアの作り方は2パターン

そんなスカルプチュアですが、作り方には2パターンあります。

パターン1:ハーフチップを使う

これは半分だけのつけ爪みたいなアイテムを自爪に接着して長さを出します。

パターン2:フォームを使い、アクリルで長さを出す

もう一つはフォームを使いアクリルで長さを出すやり方ですが、こちらの方が一般的なスカルプチュアネイルとなります。

強度があるので、折れたりしなければ一ヶ月くらい楽しめ、一時期若い世代のギャルを中心に爆発的流行を見せました。

セルフネイルでも可能ですが、高度な技術が必要なで慣れていないとすぐ剥がれたり折れたり、皮膚とアクリルがくっついて痛くなったり、超短期で散々な結果となってしまいます。

なのでスカルプチュアはセルフではなく、高くてもネイルサロンでオーダーするのが一般的です。

まずはサンディングから

アクリルで長さを出すスカルプチュアは、まず自爪を短く切ります。

アクリルで自由自在に長くできるのですから、自爪で長さを出そうと思う必要はないのです。

次にバッファーと言うアイテムで、爪の表面をこすります。

これはネイル専用のヤスリを使うファイリングと似ている作業ですが、バッファーはふわふわ。

ファイルのように手応えはなくてもバッファーでこすれば小傷がいっぱいできて、自爪とスカルプチュアの密着度が高まります。

この工程をサンディングと呼びます。

セラミックプッシャーで角質除去

次に使うのはセラミックプッシャーと呼ばれる角質除去アイテム。

甘皮付近の自爪についた古い角質をセラミックプッシャーで押し上げると、爪の表面が綺麗になるのでスカルプチュアが長持ちします。

爪が浮きやすくなる油分除去のプレプライマーを塗布すれば、下準備が完了。

ここからが本番で自爪に土台となるフォームを付け、スカルプチュアを塗っていきます。

さらにデザインはこの先となるので、4時間以上かかってしまうこともざらです。



Itnail編集部