コラム コラム 2016年1月14日 更新 お気に入り追加 1

【ネイルケア/ハンドケア】寒い冬は要注意!注意したい“ささくれ”の原因と対策

1,722 view
【ネイルケア/ハンドケア】寒い冬は要注意!注意したい“ささくれ”の原因と対策 Miku.K

できてしまったささくれ…ていつい引っ張って向いてしまったりしていませんか?ちいさいのに厄介なささくれの原因と対策とは?

ささくれはなぜできるのか?

【イットネイル】ささくれができる原因はいくつかあります。1番の大きな原因は乾燥。寒い冬はささくれができやすい季節。手を洗った後や外出前はもちろん、仕事中でも休憩の時などにハンドクリームをこまめに塗りましょう。特におすすめなのはワセリン。天然成分でお肌に優しいだけではなく、保湿力が高いので長時間肌を潤わせてくれます♡
 (368642)

家事をする時の注意

水周りの家事をする時に、今の季節ついつい熱いお湯で洗ってしまいますよね。熱いお湯は肌の油分や水分を奪い、乾燥させてしまいます。なるべくぬるい(水とお湯の中間程度の温度)で洗うようにしてみてください。手が冷たくて無理!とおもうかもしれませんが、ゴム手袋をつければ解決♡食器洗いやお風呂掃除などで使う洗剤には強力な洗浄効果がありますので、直接触らないようにした方が良いので一石二鳥です。
Free Images - Pixabay (368648)

ネイルリムーバー

今では、ほとんどの方が定期的にネイルを楽しんでいますよね。ポリッシュをご自身で塗る方からサロンでジェルやスカルプを施す方まで人それぞれですが、ネイルをする時よりもオフをする時には注意が必要です。まずネイルサロンでジェル、もしくはスカルプを除去する時、【アセトン】という溶剤を使用します。このアセトンが指周りの油分や水分をまで除去してしまうのです。サロンの場合は施術後にキューティクルオイルの塗布やクリームでのマッサージなどがサービスで行われる事が多いのでそれほど心配はありませんが、セルフでする時は要注意。ポリッシュをオフする際の除光液にも【アセトン】が含まれていますので、オフして終わりではなく、念入りにハンドクリームやキューティクルオイルを塗りこみましょう。今では【ノンアセトン】の除光液も販売しているので取り入れてみるのも良いかもしれません。ですが、除去後のケアはやるに越した事はありません♡
Free Images - Pixabay (368653)

栄養不足

ささくれができる原因に、栄養不足の場合があります。ささくれが気になる時は栄養が偏っていないかも見直してみてください。特に必要なのがタンパク質とビタミン類。タンパク質は皮膚を作ってくれる栄養素、ビタミンは皮膚の健康を維持してくれる栄養素です。ささくれは予防が一番大切ですが、もしできてしまったら、気になるかもしれませんが無理やり剥がしたりせずに根元からニッパーなどで除去しましょう。ひどい場合はご自身で触らずに、皮膚科へ行くのが一番です♡
 (368659)