コラム コラム 2016年2月28日 更新 お気に入り追加 0

〜爪に負担が少ないというのは本当?ネイルが折れたり欠けたりしにくいカルジェルとは?〜

887 view
〜爪に負担が少ないというのは本当?ネイルが折れたり欠けたりしにくいカルジェルとは?〜 Itnail編集部

ジェルネイルには大きく分けてハードタイプのジェルとソフトタイプのソークオフジェルがあります。ここ数年、取り入れるネイルサロンが急増している“カルジェル”は、モガブルック社のソフトジェルです。

カルジェルはハードジェルより柔軟性のあるソフトジェルの一種

【イットネイル】ジェルネイルには大きく分けてハードタイプのジェルとソフトタイプのソークオフジェルがあります。ここ数年、取り入れるネイルサロンが急増している“カルジェル”は、モガブルック社のソフトジェルです。
カルジェルは薄づきで爪によくフィットし、硬化後も柔軟性があるので、折れたり欠けたりしにくいのがメリットの一つ。自爪の保護や補強にも向いています。ただし、ジェルのテクスチャーが柔らかめなので長さを出すことはできません。
施術の手順は他のジェルネイル同様、ジェルを爪に塗りUVライトを当てることで硬化させます。カルジェルは仕上げにUVカット成分の入った専用のトップコートを塗るので、週に一回ほどトップコートを塗りなおす必要があります。
 (365680)

カルジェルの“爪に優しい”3つの特長

カルジェルが爪に優しいと言われる理由をチェックしてみましょう。

1.爪への密着性が高いので、サンディングが最小限で済みます。またプライマーは不要なので強い薬品による爪へのダメージがありません。

2.水や空気を通すので、爪とジェルの間に水が溜まることが少ないため、ジェルがリフトしにくく長く持ちます。また、カビが生える心配もほとんどありません。水仕事が多い職業や主婦にもおすすめです。

3.ハードジェルは溶液だけではオフできず、ある程度削る必要があるため自爪を傷める可能性があります。しかしカルジェルは専用の溶液だけで落とせるので爪への負担が少ないのです。

カルジェルは自分でもできる?どこで買えるの?

カルジェルをセルフでもやってみたい!という人は多いでしょう。
日本での販売元はモガブルック社ですが、基本的にプロ仕様の商品であるため、カルジェルを購入できるのは、カルジェルの資格がある人、モガブルック主催のスクールの在学生と卒業生だけに限られています。正規品を購入するためにはスクールに通わなくてはいけないんです。
スクールに通いたくない!という人は、ネットで平行輸入品なども手に入りますが、安価なものではないので、ちょっと試したいからと買うには勇気がいる値段です。
スクールではプロ向けはもちろん、趣味として楽しみたい人向けの講座もありますから、まずはモガブルックのホームページを確認してみてはいかがでしょうか。



Itnail編集部