コラム コラム 2015年7月30日 更新 お気に入り追加 0

ジェルネイルの欠点とありがちなトラブル

21,145 view
ジェルネイルの欠点とありがちなトラブル Itnail編集部

ジェルネイルにも、いくつかのデメリットや、トラブルが確認されています。何も知らずにジェルネイルを始めることは避けて、しっかりとデメリットや注意点を把握しておきたいものです。

ジェルネイルのデメリットを把握しよう

【イットネイル】最近、マニキュアに代わるほどの人気を集めているジェルネイル。

その人気はどんどん上昇し、年齢を問わずさまざまな女性がジェルネイルに挑戦しています。

そんなジェルネイルにも、いくつかのデメリットや、トラブルが確認されています。

何も知らずにジェルネイルを始めることは避けて、しっかりとデメリットや注意点を把握しておきたいものです。
 (91422)

▼ジェルネイルのデメリット&注意点


・長持ちする反面、マニキュアと違って落とすのが大変

・硬化用ライトによる健康への影響がある

・ジェルネイル用のリムーバーは刺激が強い

・人によってはアレルギーを起こすことがある

・ジェルに水あめ状の特性があり、扱いにくいことがある

・継続して装着していると爪が徐々に薄くなっていく

ジェルネイルのトラブル

ジェルネイルにありがちなトラブルとして、以下のようなケースが見られます。


・爪が折れやすくなった

・爪が緑色になった(グリーンネイル)

・爪がよれよれになってしまった


まず折れやすくなるのは、オフする方法が間違っている可能性があります。

特に白爪が薄くなってしまい、折れやすくなります。

まれに無理やり剥がす人がいますが、このような無理なオフは絶対に避けましょう。


緑色になるのはグリーンネイルと呼ばれ、緑膿菌という菌が爪に繁殖することで起こります。

具体的には白爪とジェルの間に水分が溜まり、細菌が繁殖した状態です。

この症状が起こると、皮膚科での治療が必要になるので注意しましょう。


よれよれになってしまうのは、ジェルネイルの装着やその失敗を無理に繰り返し、爪をなんども傷つけてしまうことが原因。

場合によっては日常生活に支障をきたすこともあります。

爪に適度な休憩期間を与えて、無理に傷つける機会を減らすことが大切です。


上記以外にも、肌の弱い人はジェルを中心とした化学物質によってアレルギー反応が起こり、かゆみや赤みなどといったアレルギー症状が起こることも。

当然ながら、これらの異常が起こったらすぐに使用を中止することが重要です。


Itnail編集部