コラム コラム 2015年12月22日 更新 お気に入り追加 0

まだ先入観もってない?“ジェルネイルは家事に向いていない”は間違ったイメージ!

2,255 view
まだ先入観もってない?“ジェルネイルは家事に向いていない”は間違ったイメージ! Itnail編集部

「そんなネイルをしていて家事がちゃんとできるの?!」と人から言われたり、ジェルネイルをしたくても迷っているという人はいませんか? 派手なイメージがあるジェルネイルですが、“ジェルネイルは家事に向いていない”という先入観は間違いです! ジェルネイルをしていても炊事、掃除、洗濯といった家事に支障はありません。爪を保護してくれるだけでなく、気分を上げてくれるジェルネイルは、むしろ女性の強い味方なんです!

ジェルネイルをしていても家事はきちんとできます!

【イットネイル】「そんなネイルをしていて家事がちゃんとできるの?!」と人から言われたり、ジェルネイルをしたくても迷っているという人はいませんか? 派手なイメージがあるジェルネイルですが、“ジェルネイルは家事に向いていない”という先入観は間違いです! ジェルネイルをしていても炊事、掃除、洗濯といった家事に支障はありません。爪を保護してくれるだけでなく、気分を上げてくれるジェルネイルは、むしろ女性の強い味方なんです!
 (340144)

“家事に向いていない”イメージはどこから?

そもそも“家事に向いていない”というイメージはどこからきたのでしょう? 確かにマニキュアが主流だった時代は、家事をしていてマニキュアがはげたり、ストーンがとれてしまったりということはよくありました。はげたり、とれたりしたものが食事に混ざってしまうのではと考えると、マニキュアは家事に向いていないというイメージも納得です。
また、ネイルのために自爪を伸ばしていたり、長さのあるスカルプネイルなどでは、デザインに関わらず、家事の邪魔になることは簡単に想像できますね。

マニキュアとは違う持ちのよさがジェルネイルの魅力

ジェルネイルは硬く固めて仕上がり、マニキュアよりも爪への密着度が圧倒的に高いので、家事をしている時にはがれるということはまずありません。ストーンなどのアートもジェルでコーティングされますので、簡単にはとれないようになっています。ですから、家事に向いていないということはないんです。
また二枚爪や薄い爪に悩んでいる人には、厚みが出るため爪の保護になるジェルネイルはとくにおすすめです! 保護のためにジェルネイルをするにしても、お気に入りのデザインにすれば、気分も上がって家事がはかどる! なんてことも期待できますね。

家事とおしゃれを両立するためのジェルネイルのコツ

家事とジェルネイルを両立したい!という時に気を付けたいのは爪の長さです。自爪の先の白い部分が1~3ミリ程度の長さであれば、家事の邪魔になりませんし、周りの人にも清潔な印象を与えられるのではないでしょうか。
またジェルネイルも乱暴に扱えば持ちが悪く、はがれやすくなってしまいます。爪の先でガリガリこすったり、キーボードを強く叩き続けることなどはNGです。爪への衝撃はなるべく減らしましょう。
また水仕事をする時はゴム手袋をするのがベストです。なるべく素手で水を扱わないことが大切ですが、水を使った後は丁寧に水分をふき取ること、ハンドクリームやネイルオイルでまめに保湿すること、この2点に気を付けるだけで、ジェルネイルの持ちがグンとよくなりますよ。
爪の長さやメンテナンスに気を付けて、家事もしっかりこなしつつジェルネイルも楽しんでくださいね!



Itnail編集部