コラム コラム 2016年8月25日 更新 お気に入り追加 0

ネイルのツボ押しでアンチエイジング!ネイルマッサージのすべて

416 view
ネイルのツボ押しでアンチエイジング!ネイルマッサージのすべて Itnail編集部

爪の周りにもツボがあるってご存じですか?このツボ、副交感神経を優位にするツボで、精神的にとてもリラックスできるツボなのだとか。また免疫力もあげるため、アンチエイジングも期待できちゃうんです。スキマ時間にネイルのツボ押し、ぜひやってみて!

副交感神経と交感神経ってなに?

 (469279)

【イットネイル】人間の体には交感神経と副交感神経が働いています。
交感神経とは活動しているときに優位になる神経で、血管を収縮させ、心拍数が増え、筋肉が緊張、何かあったときにすぐ対応できるように働いている神経です。しかし、この状態ってストレスが非常に溜まりますよね?そう、交感神経はストレスを溜めてしまう神経でもあるのです。
逆に、副交感神経はリラックスしたときに優位になる神経。寝る前は副交感神経が優位になることで眠りにつけるといわれています。体を休めたり修復したり、緊張を解きほぐしたり、免疫力アップにも繋がる神経なのです。
人間はこの交感神経と副交感神経を上手に切り替えることで毎日を過ごしています。

爪の両端をもんでリラックス&快眠

 (469280)

爪の生え際、両端に副交感神経を優位にさせるツボがあるようで、そこを刺激することでリラックスできるといわれています。
本来は仕事から解放されて家でゆっくりしていると副交感神経が優位になり、自然とリラックスできるはず。しかし、日中がハード過ぎたり、過度なストレス、食生活の乱れなど様々な理由から副交感神経が優位にならなくなり、夜になっても緊張、ストレスが解消されずに不眠などになってしまうことも。
それを爪のツボを押すことで解消しよう、ということなのです。
1日2~3回、爪の両端を押すことで緊張から解放されてみては?

爪のツボ押しのやり方「NGは薬指」

 (469281)

1日2~3回、爪の両端を気持ちいいくらいの強さで押すだけでOK。やりすぎは禁物です。お昼休みや夜寝る前、お風呂の中などリラックスしたいシーンで行うとさらに効果的。
ちなみに、薬指は交感神経を刺激するツボなのでリラックスしたいときに押してはいけません。
その他にも実は爪周りには色々なツボがあるんです。

親指・・・咳、喘息、ドライマウスなど。肺や呼吸器系など。
人差し指・・・胃弱、大腸炎など。胃や腸などの消化器系。
中指・・・耳鳴り、難聴。
小指・・・生理痛、腰痛、頭痛など。

薬指はアトピーやウツなどに効果的なツボでもあるのだそう。ですがリラックスするためのツボではありませんので要注意。

スキマ時間にネイルの両サイド、軽く押してみては?よく快眠&リラックス効果で肌ツヤが綺麗になってアンチエイジングになりますよ。



Itnail編集部