コラム コラム 2016年5月30日 更新 お気に入り追加 1

長すぎる爪やネイルチップをつけっぱなしにしておくデメリット3つ

4,345 view
長すぎる爪やネイルチップをつけっぱなしにしておくデメリット3つ Itnail編集部

凝ったネイルアートをするにはとても便利な長い爪ですが、実生活において長い爪のままでいたり長いネイルチップをつけっぱなしにしておいたりすることには、様々なデメリットがあります。最近は短い爪でも楽しめるネイルデザインが沢山ありますので、この機会に爪の長さを少し短くしてみるというのもいいかもしれませんね。

長い爪のデメリット①生活の中で不便なことが沢山!

 (422661)

【イットネイル】長い爪のデメリットとしてはまず、生活の中で不便なことが出てくる、という点が挙げられます。

指先は人の体の中で最も使う部分であるといっても過言ではなく、爪を伸ばしていたりネイルチップをつけっぱなしにしていたりすると、様々な不具合が出てくることがあるのです。

具体的には、以下のような不具合が多いようです。

・料理をしにくい
・コンタクトレンズを脱着しにくい
・床に落ちたカードやコインを拾いにくい
・プルトップタイプの缶ジュースが開けにくい

皆様の中にも、こういった経験がある方がいらっしゃるかもしれませんね。

長い爪のデメリット②どうしても不衛生になる

 (422664)

長い爪のデメリットとしてはまた、どうしても不衛生になってしまいがちである、という点も挙げられます。
爪を伸ばしていると、爪と指の間に細菌や雑菌が繁殖しやすくなり不衛生になってしまいがちです。実際、爪を3cmのばした場合、そこに繁殖する細菌は340万匹以上にのぼるというデータも存在します。
そしてそのような不衛生な指先でスキンケアをすると顔に細菌が付着して、思わぬ肌トラブルを引き起こしてしまう可能性もあります。
そのため爪を長く伸ばす場合は毎日ブラシを使って爪の中を綺麗に洗浄し、衛生管理に十分注意する必要があります。

長い爪のデメリット③男性ウケがとにかく悪い!

 (422667)

長い爪のデメリットとしてはまた、とにかく男ウケが悪い、という点も挙げられます。

男性が思う「可愛い」と女性が思う「可愛い」との間には、大きな溝があります。それはネイルも例外ではなく、女性が可愛いと思ってしているネイルのほとんどは、男性に不評なのだそうです。
特に長い爪は男性ウケが悪く、

・ケバそう
・お金がかかりそう
・派手
・料理ができなさそう

など、あまり良い印象は持たれないようです。

爪を長く伸ばしていたことが原因で意中の彼に嫌われてしまった・・・、なんてことがないよう、爪の長さはほどほどの所でとどめておいたほうがいいかも知れませんね。

 

Itnail編集部