コラム コラム 2018年12月4日 更新 お気に入り追加 0

子供っぽくない!《モノトーンカラー》でつくる《ドットネイル》

354 view
子供っぽくない!《モノトーンカラー》でつくる《ドットネイル》 Itnail編集部

ネイルはもちろん、さまざまなファッションアイテムに取り入れられているドット柄。色使いやドットの大きさを工夫すれば、オリジナリティあふれるネイルを作ることができます。この記事では、モノトーンカラーを使ってアートする大人カッコいいドットネイルデザインをご紹介します。

クリアベースにBIGサイズのブラックドットをアート

cranberry nail 鯨岡百合香

cranberry nail 鯨岡百合香

カジュアルなデザインや個性的なデザインがお好みの方には、やや大きいサイズのドットを描いたデザインをおすすめします。

例えば、クリアベースにブラックのBIGサイズドットをアートするデザインはいかがでしょうか。ベースカラーを塗った上にブラックドットを描くと少し派手な感じになることもありますが、クリアベースならばブラックドットが自爪の色になじみ、上品なデザインに仕上がります。

シンプルネイルにクリアベース×ブラックドットネイルを組み合わせたり、ブラックドットネイルとホワイトドットネイルを組み合わせたり。色々なアレンジができますね。
LAURA POMPONNEE 表参道

LAURA POMPONNEE 表参道

極小サイズのモノトーンドットネイルも素敵

Relien

Relien

モノトーンカラーのドットネイルは、極小サイズのドット柄をアートするのもおすすめです。

「ドット柄」というとカジュアルで派手なイメージを抱きがちですが、1つ1つのサイズが小さいピンドット柄ならば、とても上品な仕上がりになりますよ♪クリアブラックをベースにブラックのピンドット柄を描いたシースルードットネイルにしたり、ホワイトベースにブラックのピンドット柄を描いて大人カッコいいデザインにしたり…。

全ての爪をドット柄にしてもいいですし、ストライプ柄やフラワー柄と組み合わせてもいいでしょう。
LAURA POMPONNEE 表参道

LAURA POMPONNEE 表参道

大小のドットをMIXしたアートも試してみて♡

SPICENAILS (吉祥寺)

SPICENAILS (吉祥寺)

ドットネイルというと、同じサイズのドットを、規則性を持たせて描いていくというデザインが一般的ですよね。一般的なドットネイルも素敵なのですが、個性的なデザインがお好みの方には大小さまざまなサイズのドット柄を組み合わせてアートするデザインをおすすめします。

爪をブロッキングして、ブロックごとに描くドットのサイズを変えたり、大きいサイズのドットと小さいサイズのドットをランダムに描いたりと、いろんな描き方を試してみましょう。ブラックのBIGドット、グレーのミドルサイズドット、ホワイトの極小サイズドットをランダムにアートというように、ドットのサイズだけでなくカラーも変化させるとよりお洒落なデザインに仕上がりますよ♪



Itnail編集部