コラム コラム 2015年7月18日 更新 お気に入り追加 0

ニュースクエアとフラットチップの違い、わかる?

2,298 view
ニュースクエアとフラットチップの違い、わかる? Itnail編集部

ネイルチップのカーブが自爪に合っていないと、チップははがれやすくなってしまうのです。そこで今回は、ネイルチップのカーブに注目して、ニュースクエアとフラットチップの違いを説明いたします。

ネイルチップの形、自爪に合ってる?

【イットネイル】せっかくお気に入りのデザインをしたネイルチップでも、はがれやすかったらつけたくなくなってしまいますね。ネイルチップのカーブが自爪に合っていないと、チップははがれやすくなってしまうのです。

そこで今回は、ネイルチップのカーブに注目して、ニュースクエアとフラットチップの違いを説明いたします。
 (220577)

あなたの爪はどちらのタイプ?

ネイルチップはカーブによって、ニュースクエアとフラットチップの2種類があります。

ニュースクエアは、カーブがキツイ人用のチップで、フラットチップは、平らな爪の人用のチップ。割合では、フラットチップの方が多いです。

さて、自分の爪がどちらのタイプかを確認する方法を紹介します。まず、爪を正面からみたときに、カーブの山が高い人は、ニュースクエアです。

爪を横からみたときに、根元から先に向かってカーブが下がっている人で、自爪とチップの間にすき間ができてしまう人はフラットチップです。

横からみたときに、カーブがまっすぐの人は、どちらのチップでもOK。

どちらのタイプかわからない場合は、ネイルサロンに足を運ぶと教えてくれます。また、最近はネットでもタイプ別に購入できるので、ぜひチェックしてみてください。
 (220582)

市販のチップが合わないとき

いつもニュースクエアとフラットチップを選べれば良いのですが、すでに手持ちのチップが合わない場合や、合うカーブのチップが売ってない場合もありますね。

そこで、チップのカーブが合わない場合の対処法を紹介します。

爪のカーブがなく平らに近いタイプの人は、市販のチップは浮いてしまいます。接着テープで対応する場合は、厚みのある接着テープを選び、カーブの真ん中の浮いているところに重ねてつけましょう。

接着テープをつける前には、爪の表面を除光液で拭いておくと良いです。余分な油分が取り除かれて、はがれにくくなります。

あたためることで、チップそのもののカーブを変えることも可能です。チップをお湯であたためたり、ドライヤーの熱であたためたりしててから、少しずつ上から押さえて平らにします。

逆にカーブを強くしたい場合は、あたためてからチップの両サイドをつまんでカーブを作ります。

ただし、カーブを変えられるのはアート前のチップです。アートをしたチップは、力を加えるとヒビが入るリスクがあるのでおすすめしません。それでもカーブを変えたい場合は、自己責任でチャレンジしてみてください。



Itnail編集部