デザイン デザイン 2020年8月28日 更新 お気に入り追加 0

色々なデザインを楽しんで♡曲線ネイルのバリエーションをご紹介

182 view
色々なデザインを楽しんで♡曲線ネイルのバリエーションをご紹介 ネイルUP!

曲線をアートして作る、お洒落ネイル。ひとくちに曲線といっても、アートに使う色や技法によって、色々なデザインを楽しめます。この記事では、曲線をアートしたネイルデザインのバリエーションをご紹介します。次のデザインを決める際の参考にしてみてくださいね!

ラメがキラリと輝く曲線ネイルでカジュアルに

ネイルUP!

ネイルUP!

最初にご紹介するのは、ラメを使ってアートする曲線ネイルです。

例えば、クリアカラーをベースに、シルバーラメで曲線を描くデザインはいかがでしょうか。シンプルネイルを基本に爪数本にシルバーラメの曲線アートをプラスしたり、スタッズやメタルパーツを使ったネイルを組み合わせて大人カジュアルに仕上げたり。

ブラックやパープル、ブラウンといった大人カラーの曲線ネイルを基本としつつ、ポイントでラメの曲線アートを重ねるデザインも素敵です。ゴールドラメを使って大人っぽく仕上げたり、ブラックラメを使ってシックに仕上げたり。アートに使うラメの色も工夫してみてくださいね♪
ネイルUP!

ネイルUP!

立体的な曲線ネイルで個性を主張して!

ネイルUP!

ネイルUP!

個性派さんには、3Dアートの技法を使ってアートする、立体的な曲線ネイルをおすすめします。

例えば、肌なじみのいいナチュラルピンクをベースに、クリアジェルを使って立体的な曲線をアートするデザインはいかがでしょうか。クリアな3Dアートならばそこまで主張が強くありませんので、ナチュラルで上品な仕上がりを楽しめるでしょう。

立体的な曲線ネイルをベースに、ミラーパウダーを重ねたり、ユニコーンパウダーやオーロラパウダーを重ねたり、といったデザインも素敵ですよ♪複数の色を組み合わせてベースデザインを作り、カラフルに仕上げるのもいいですよね。
ネイルUP!

ネイルUP!

セルフでも簡単!ワイヤーを使った曲線ネイル

ネイルUP!

ネイルUP!

セルフアートで曲線をアートするのって、結構ハードルが高いですよね。特に、複数の曲線を描く場合、バランスが崩れたり、線の幅が揃わなかったり、といったことも多いようです。

そこでおすすめしたいのが、ワイヤーを使った曲線ネイルです。ワイヤーを使うアートであれば、最初に曲線を形成したうえで爪にONするだけでいいため、セルフでも綺麗に仕上げられるでしょう。

ベースカラーを塗った爪にワイヤーの曲線をONしたり、先にワイヤーをONし、その上からカラージェルを重ねたり。色々なデザインを楽しめそうですね。