コラム コラム 2017年2月4日 更新 お気に入り追加 1

花嫁の特権♡白を使ったウェディングネイル

3,254 view
花嫁の特権♡白を使ったウェディングネイル Itnail編集部

「白は花嫁の色」と呼ばれるように、結婚式における「白色」は、花嫁だけがまとえる特別な色。このため、ウェディングネイルにおいては、絶大な人気を持つ定番カラーです。特に白無垢に合ったウェディングネイルデザインとなると、ドレスと比べて迷うことが多いでしょう。現在は和装ウェディングであっても、ネイルアートを施すケースは少なくありません。今回はホワイト系を中心に使った、ウェディングネイルについて解説します。

どんな白にする?

ウェディングドレス(洋装)のときも、白無垢(和装)のときも、ホワイト系のカラーはウェディングネイルの基礎となるカラーです。
純白のドレスや白無垢にぴったりな白いネイルと言っても、白系のカラーにはいくつかの種類が存在します。

普通の純粋な真っ白であったり、クリーム系であったり、透明感のあるシアー系であったり……同じホワイト系でもネイルに使ってみるとずいぶん雰囲気が変わります。
ネット上の画像や、カタログを元に選ぶ際は、「思ってたイメージの色と違う」ということにならないよう、オーダーなどの際は注意が必要です。
実際にネイルサロンに行ってみて、自分の爪にのせてもらうことで、色選びに関する失敗は減らせるでしょう。
はあとねいる

はあとねいる

質感も普通のツヤ系か、マット系かでは雰囲気が変わるので、どのようなデザインが自分に合うかよく確認しましょうね。

またカラーが同じホワイト系であっても、衣装のデザインによってどんなネイルデザインが合うかは異なってきます。
まずは、衣装の雰囲気に合わせてデザインを選ぶようにしましょう。
特にこれといったデザインが決まっていないときは、ネイルサロンに衣装の写真などを持って行って見せることで、デザインをスムーズに決めやすくなります。
LOBAL

LOBAL

白いウェディングドレスにおすすめのホワイトネイル

●定番白フレンチ

ウェディングネイルに迷った花嫁様が、よく選ばれるデザインです。
ウェディングドレスはもちろん普段使いにもOKなため、次の日にはハネムーンに出かける方や仕事に行くときもそのまま使えます。
フレンチラインに沿って、ラインストーンやパールを置いたデザインも人気です。
LOBAL

LOBAL

●グラデーション

シンプルでありながらエレガントな指先に見せる事ができる、どんなカラーとも好相性のフレンチ同様定番の人気デザインです。
ラメなどをのせてもきれいです。
MARCH

MARCH

●レース

レース柄がたっぷり使われた、ウェディングドレスには特にぴったりなデザインです。
適度に華やかさを出しつつ、エレガントで上品な雰囲気のウェディングネイルに仕上がります。
ネイルサロンでは、セルフでは難しいような細かくて繊細なレースアートをお願いすることも可能です。
ぜひ特別感のあるレースでエレガントに仕上げてください。
Nail Dimple

Nail Dimple

白無垢におすすめのホワイトネイル

和装だと合うデザインがなく、ウェディングネイルをするのに抵抗を感じる方も多いですが、今では和装のときもネイルアートをするのは珍しいことではありません。
実際に和装向けのウェディングネイルも多数存在します。
白無垢・色内掛けを問わず、日本人らしい「和」の心を全面に出したネイルデザインが、よく合います。

白無垢には、白をベースに朱色を混ぜたネイルが特に人気です。
白無垢の中には朱色が混ざった衣装もありますので、朱色を混ぜたネイルとは特に好相性です。
朱色以外ですとゴールドも和風のデザインによく合いますし、ゴージャスな雰囲気をプラスできます。
和風のアートやパーツをアクセントに使ってもOKです。
はあとねいる

はあとねいる

はあとねいる

はあとねいる

いかがでしたか?
白を上手に使って、素敵なネイルで特別な日をお過ごしください!



Itnail編集部