コラム コラム 2017年4月12日 更新 お気に入り追加 0

【爪のコンプレックス克服】爪を長く見せるためのネイルケア&アート

8,872 view
【爪のコンプレックス克服】爪を長く見せるためのネイルケア&アート Itnail編集部

手や爪に抱えるコンプレックスは人それぞれですが、ネイルに関しては、「爪が短い・指が太い・爪が小さい」といった悩みも多く見られます。爪や指などにコンプレックスがあると、女性らしく華奢な手元に見せるのが難しく、意外と悩んでいる女性も多いのが現状です。しかしネイルケアやネイルアート次第では、これらの悩みを解消し、女性らしくきれいな指先に見せることができます。女性らしく美しい手元を作るためのネイルテクニックを紹介します。

爪を長く見せるネイルケア

まずは基本のネイルケアから。
ネイルアートばかりに気を取られずに、基礎となる指や爪をしっかりとケアして行きましょう。
きれいに手入れをした指先は、特別なアートをしていなくてもきれいに見えます。
absolute (大阪)

absolute (大阪)

●甘皮処理
爪の付け根部分には薄く皮が張られ、これを「甘皮」と呼んでいます。
ネイルアートなどの邪魔になるのはもちろん、爪がきれいに見えない原因となります。
甘皮を処理することで、爪の面積を広く見せて、きれいな指先に見せることができます。
特に甘皮が大きく残ったままの場合は放置せずに、しっかりと手入れをしましょう。

●形を整える
爪の形はさまざまな種類がありますが、それぞれに欠点やメリットがあります。
爪の面積が広く見えて、また指が細長く見える形は、「スクエアオフ」と言われています。
ネイルサロンに行く機会があれば、ぜひスクエアオフに整えてもらいましょう。

また丁寧に爪やすりを使えば、自分でもスクエアオフにすることができます。
爪切りでは難しいので、必ず爪やすりを使いましょう。
absolute (大阪)

absolute (大阪)

爪を長く見せるネイルアート

爪が短い・小さいからといって、ネイルアートを諦める必要はありません。
ネイルアレンジ次第で、爪を細長く見せることが可能です。
Kiki&Lala Style (キキララスタイル)

Kiki&Lala Style (キキララスタイル)

●縦や斜めの模様で長く
「縦」や「斜め」を意識したアートを入れることで、爪を細長く見せることが可能です。
具体的には、「縦ストライプ」や「斜めフレンチ」といったネイルデザインがおすすめです。
これらのデザインが難しいときは、爪の中央に縦にラインストーンなどを、ライン状に並べると縦を意識したデザインになります。
逆に横のボーダーなど横に模様が入ったデザインですと、爪が短く見えやすいので注意が必要です。
H&S

H&S

nail salon MINX

nail salon MINX

841.nail

841.nail

nail salon aqua

nail salon aqua

●クリア系グラデーション
爪先に意識をむけることで、爪を縦長に見せることができるグラデーション。
基本デザインの一つでもあるので、上記のストライプなどよりも、初心者でも挑戦しやすいのもメリットです。
爪先に向かって色を濃くしていくのを意識することで、目線を自然と爪先にむけることができます。
特に、ベージュなどのナチュラルカラーを使ったやさしいグラデーションがおすすめ。
ナチュラルカラーを使うことで、手全体がきれいに見えるようになります。
NcistEgo (高知)

NcistEgo (高知)

Grace

Grace

Lottie nail (代々木上原)

Lottie nail (代々木上原)

Grace

Grace

諦めずに工夫でカバー!

他にもさまざまなネイルアートやネイルケア次第で、爪をきれいに・細長く見せることが可能です。
「生まれつきこうだから……」「ネイルをしても似合わないから……」
と諦めず、さまざまな裏技テクニックで克服して、素敵な手元を作っていきましょう。



Itnail編集部