コラム コラム 2017年2月1日 更新 お気に入り追加 0

セルフは落ちにくい?!ネイルを綺麗に落とす方法

1,237 view
セルフは落ちにくい?!ネイルを綺麗に落とす方法 Itnail編集部

セルフネイルだと、少しでも長く持つように、なるべくパーツが落ちないように、とつい厚く塗ってしまうことってありますよね。落とす時に時間がかかってしまって、大変な思いをしたことがある人は少なくないはずです。実はちょっとしたポイントを押さえておけば、落とす時の時間が短縮できちゃうかも!ポリッシュとジェルを落とす時の、それぞれのポイントをご紹介します。

除光液で拭き取り落とすポリッシュ

 (525111)

ポリッシュだと、1日でも長く持たせようと、トップコートを厚めに塗ってしまうことがあると思います。

◆ポイント①: コットンで
コットンに除光液をつけたら、爪の上で少し押さえて浸透させます。少し待ったら、コットンを一気に爪先に滑らせ拭き取ります。1度使った面は2度目は使わず、常に新しい面を使って落としてください。ゴシゴシ擦らず、一方向のみで落とすと、周りに色が移ることが少なく済みます。大きめのラメやホログラムは、除光液を浸透させてから、ウッドスティックで軽くこすって落とします。

◆ポイント②: ウッドスティックで
ウッドスティックにコットンを巻きつければ、爪と皮膚の際まで綺麗に落とすことができます。爪先の裏に付いてしまったポリッシュも落とせます。

アセトンを浸透させて落とすジェル

 (525112)

ジェルだと、ストーンなどのパーツを、落ちないようにとがっつり付けてしまうことが多くなりがちです。パーツが付いているとアセトンの浸透率も悪く、落とすのに時間がかかります。

◆ポイント①: 削って
ジェルの表面を削り、傷をつけることで、アセトンを下まで浸透しやすくします。パーツは周りぎりぎりまでファイルで削り、ニッパーで取ります。取れない場合は、アセトンを付けて時間を置き、表面が削れた頃にパーツを取ります。

◆ポイント②: 温めて
アセトンは温めると浸透率がぐんとあがります。冬なら暖房機器の前やホッカイロを持って、夏ならタオルでくるんだりするといいです。

落とした後はダメージケアで労わって

 (525113)

除光液やアセトンには、爪や皮膚の表面の水分を蒸発させる成分が含まれています。ジェルの場合、削って落としたとしても、削る振動などで爪に負担がかかっていることに違いはありません。なので落とした後は、オイルを塗ったり、マッサージをしたりして、ケアをする必要があります。

爪周りの皮膚は硬く、ハンドクリームでは浸透率が悪いため、キューティクルオイルを使います。爪の根元(甘皮周り)にキューティクルオイルを塗布し、反対の手の親指で、軽く押しながらくるくるとマッサージをします。マッサージをすることで、指先の血行が良くなり、綺麗で健康な爪が生えてくることに繋がります。



Itnail編集部