コラム コラム 2016年6月18日 更新 お気に入り追加 0

セルフネイルをするなら知っておきたいジェルネイルアレルギー

2,063 view
セルフネイルをするなら知っておきたいジェルネイルアレルギー Itnail編集部

最近指先が赤くなってきて痒い、そんな症状ありませんか?それ、もしかしてジェルアレルギーかもしれません。そのままにしておくと大変なことになってしまうかも!意外に知らないジェルネイルのこと。あなたはどこまで知っていますか?

ジェルネイルにアレルギーなんてあるの?

 (439291)

【イットネイル】ジェルアレルギーとは、接触性皮膚炎という名前の皮膚病です。症状としては、指先が赤く腫れたり、痒くなったり、水泡ができます。
ジェルを初めて塗ってすぐにアレルギー症状が出る、という訳ではなく、今まで大丈夫だった人でも突然なることがあります。
ジェルを塗っている時に爪からはみ出たジェル、未硬化ジェルを落とす時に使うエタノール、ジェルを落とす時に出るダストやアセトン、ジェルを塗る前に使うプライマー、硬化する為のUVライトも原因になります。ジェルネイル自体、化学物質を多く使うので、発症しても不思議なことではありませんね。

アレルギーになったらどうすればいいの?

 (439292)

まず第一に、皮膚に付着しないようにしてください。ダストは吸わないようにマスクをしたり、はみ出たジェルはこまめにウッドスティックなどで取りましょう。

個人差はありますが、アレルギーがある人でも使えるジェルもあります。ジェルにはイソボルニルアクリレート・アクリル酸・HEMAという酸が含まれていますが、その酸がアレルギーを引き起こすと言われています。その酸が入っていないタイプのものを選んでください。
トップコートは未硬化の拭き取りが必要ないノンワイプのタイプを使えばエタノールは必要なく、未硬化ジェルが皮膚に付着することもありません。
皮膚保護用クリームという物もあり、ハンドクリームのように手に直接塗って使います。看護師さんが薬品などから手を保護する為の手袋のような役割として作られている物です。

なるべく皮膚に付かないようにネイルをし、仕上がったら手を洗い、保湿を忘れずに!使った後の道具は清潔に綺麗にして保管するのも大事です。

アレルギーって治すことはできるの?

 (439293)

1度発症すると治っても繰り返し発症してしまう為、一生のお付き合いになります。症状が出たら無理をして続けるのではなく、すぐに皮膚科を受診しましょう。塗り薬、飲み薬を処方してもらえば治ります。あまりに酷い様なら爪や皮膚を休ませせる為に、ネイルはお休みをしてください。
おしゃれは楽しくて、気持ちも上がりますが、何より大事なのは身体です。無理をしないようにネイルを楽しみましょう。



Itnail編集部