コラム コラム 2017年2月10日 更新 お気に入り追加 1

伸ばし途中のネイルケアで気をつけたい注意とお手入れ方法

735 view
伸ばし途中のネイルケアで気をつけたい注意とお手入れ方法 Itnail編集部

セルフネイルやサロンでのネイル、オフを繰り返していると自分の爪が薄くなったり欠けやすくなったり、弱ってきちゃうのは仕方ないと思っていませんか?少しでもきれいに自分の爪を伸ばすにはどうすればいいのでしょう?今回は爪をきれいに伸ばす方法をご紹介します。

ネイルが折れちゃった!そんな時の応急処置に

 (525313)

ジェルネイルは最初に爪の表面に細かく傷をつけてジェルの付きを良くするサンディングを行うことや、ジェルのオフをするときにジェルと一緒に自分の爪もネイルファイルなどで多少は削られてしまうことなどから、長い間ネイルをしていると自分の爪が弱くなったり薄くなったりするというお悩みを持つ方も少なからずいるのです。

また、爪の強度や厚さは個人差があり、生まれつき薄かったり、2枚爪になりやすいという方は、特にオフには注意が必要です。もしも剥がれかかっていても決して自分で剝がしたりしないでください。ネイルが折れたり欠けたりしたときも、ネイルや爪をくっつけることができる補強材や専用の接着剤が販売されています。それらを使って補強しながら、正しいケアで自分の爪を守って育てていきましょう。

ネイルと一緒に表面の爪が剥がれる?

 (525314)

爪は3つの層からなっていて、その一番外側の面がネイルデザインを塗る場所です。この表面部分にサンディングや、オフでのバッファー削りなど、ダメージが集中するのです。そこで自爪のケアに有効なのは、爪の付け根部分の指全体にネイルオイルをつけてくるくると小さな円を描くようにマッサージしていくことです。血行がよくなり、爪の成長を促してくれます。マッサージはお風呂上りや気が付いたときに行いましょう。そして、爪の表面には爪の強化剤を塗っておくようにします。

爪を育てるには表面と内側からWのケアが必要

 (525315)

爪を強くきれいに育てるために一番重要なのは、食事から摂る栄養なんです。その中でも特に重要なのはコラーゲンで、牛すじや手羽先などに多く含まれています。コラーゲンを含むタンパク質をしっかりと摂りながら、亜鉛やビタミンB2、B6、Cなども一緒に摂取するようにしましょう。

亜鉛は牡蠣やたらこなどに多く含まれます。皮膚の新陳代謝をよくしてくれますよ。ビタミンB2は牛乳や青魚に多く、タンパク質の代謝を助け、B6は爪の元となるケラチンを作るために重要な役割をしています。納豆や鮭、青魚、ゴマなどに多く含まれます。これらの栄養素をしっかりと摂るように心がけていれば、数か月後には爪もきれいに元気になってくれるでしょう。



Itnail編集部