デザイン デザイン 2017年6月28日 更新 お気に入り追加 2

セルフでも作れる!基本のフレンチネイルを動画で解説

653 view
セルフでも作れる!基本のフレンチネイルを動画で解説 myreco

定番中の定番といわれるネイルデザインが「フレンチ」と呼ばれるデザイン。爪先をカラーで美しく彩るネイルデザインは、ちょっとセルフでは難しそう・・・と感じている女子も多いようですね。 一見難易度が高そうなフレンチネイルですが、実はちょっとしたポイントを押さえ、慣れていくだけで誰でも簡単に、キレイに仕上げる事のできるデザインでもあるんです☆ そこで、今回はセルフでできるフレンチネイルのやり方とポイント、オススメデザインを、動画と一緒にご紹介していきます。 是非最後までご一読いただき、参考にしてみて下さいね。

定番中の定番といわれるネイルデザインが「フレンチ」と呼ばれるデザイン。爪先をカラーで美しく彩るネイルデザインは、ちょっとセルフでは難しそう・・・と感じている女子も多いようですね。 一見難易度が高そうなフレンチネイルですが、実はちょっとしたポイントを押さえ、慣れていくだけで誰でも簡単に、キレイに仕上げる事のできるデザインでもあるんです☆ そこで、今回はセルフでできるフレンチネイルのやり方とポイント、オススメデザインを、動画と一緒にご紹介していきます。 是非最後までご一読いただき、参考にしてみて下さいね。

 

 セルフなら覚えたい!最愛「フレンチネイル」テクニック


 

こちらの動画で簡単にテクニックをご紹介しています。

 

 

オフィスやデートの定番デザインとして人気のフレンチネイル。

でも、毎回サロンにお願いするのは時間もお財布事情的にも難しい・・・そんな時にはやはりセルフでキレイに仕上げられる知識と技術があれば安心ですよね。

コツを覚えてしまえばそれほど難しくなく、またバリエーションも思いのまま。

この機会にフレンチネイルをしっかり習得しておきましょう♪

 

 コツをつかめば簡単☆「セルフフレンチ」のポイント


 

1.「フレンチネイル専用」の筆を持っておく

 

出典:www.pinterest.jp

 

一般的なネイルカラーのキャップについている筆でフレンチを作ろうとすると、難易度はかなり上がってしまいます。

キレイなフレンチラインを作るためにも、「フレンチネイル専用」の筆を用意しておきましょう。

 

最初から毛先が斜めにカットされていて、練習すればキレイなカーブが描けるように設計されています。

カットの角度がなだらかだとカーブは浅めに、鋭利な角度だとしっかりとした深いカーブを作ることができます。

好みに合わせて何種類か用意しておくと、フレンチデザインの幅も広がって便利です。

 

 

2.ガイドテープやマスキングテープを活用する

 

出典:www.pinterest.jp

 

初心者さんだと、フレンチネイル専用の筆を使っても難しいと感じるかもしれません。

そんな時は無理をせず、ガイドテープやマスキングテープの力を借りればストレスフリーに仕上がります。

カーブの深さごとやハートフレンチのガイドテープもありますので、テープを隙間無く貼ってから塗ればまず失敗しません。

すぐに手持ちのアイテムでチャレンジしたいのであれば、マスキングテープや絆創膏でもOK。

回数を重ねるごとに上手くなっていきますので、練習がてら何度もチャレンジしてみるとネイルテクニックも上達していきますよ。

 

 

3.失敗フォローはたくさんある!思い切ってやってみよう

 

 

 

それでも失敗したらがっかり・・・。

しかし、フレンチネイルは失敗時のフォロー方法がたくさんあるのも大きな特徴なんです!

 

例えば、カーブがキレイに描けずに曲がってしまっても、ラメのラインを乗せると逆にキレイに見えますし、ガイドテープがキレイに貼れず、塗った後はみ出しが見つかっても、ネイルシールをその部分に貼ればバッチリカバーできたりと、上品なデザインなのに簡単に失敗のカバーができ、そこから派生する新しいデザインも多くあります。

 

必要な道具を準備したら、まずは思い切ってやってみましょう☆

その先に新しい発見があったり「あ、意外と簡単にできるんだ」とネイルデザインへのハードルが低くなるかもしれません。

 

 セルフでもこんなに素敵♡フレンチネイルのデザイン紹介


 

出典:www.pinterest.jp

 

これからの季節はブルー系のネイルカラーも多くなってきます。

上品に使いたいなら「細フレンチ」がベスト。

地爪の部分が多くて肌馴染みがよく、フレンチのカラー部分が程よいアクセントになります。

 

ガイドテープを使わず、細筆で爪先をなぞるだけ完成☆少し物足りなさを感じたらストーンやネイルシールを使うと華やかさもUP。

ファッションやシーンによっても使い分けていきたいですね。

 

出典:www.pinterest.jp

 

オフィスネイルならビビッドカラーやホワイトフレンチよりも、ヌードカラー(ブラウンやベージュ、ピンク等、肌に似たカラーリング)がいいでしょう。

手元を「オシャレに」よりも「清潔感」が印象づけられるデザインとカラーがオススメ。

 

フレンチネイルは、元々ネイルのフリーエッジ(爪先の白くなっている部分)の色がくすんでいて、手元が美しく見えないことから、その部分をホワイトのネイルカラーでカバーしたのが始まりだと言われています。

フリーエッジをヌードカラーでカバーして「手元美人」を目指してみましょう。

 

出典:www.pinterest.jp

 

プライベートなら、思いっきり楽しんで好きな色をたっぷり使うのも素敵です。

こちらは通称「逆フレンチ」と呼ばれるネイルデザインで、ガイドテープの上下を逆さまにしたもの。

本来カラーとなる部分が多く、地爪の部分が少なくなるデザインです。

 

シンプルに決めても良し、流行のフラワーやラメ、ストーンを乗せてもオシャレに♡

ネイルデザインは何よりも「自分が楽しく過ごせる」ようになるのが最も大切なポイントです。

フレンチと一口にいっても様々なネイルデザインがあります。

自分の個性や楽しさを演出できるデザインを、休日にゆっくり作ってみるのも素敵な過ごし方となりそうですね。

 

 

いかがでしたでしょうか?

ネイルデザインの中でも基本に近いデザインである「フレンチネイル」。

セルフでできるようになればさらにネイルを楽しめるようになりますよ。

是非参考にしていただき、セルフでのネイルデザインも楽しんでみて下さいね。



関連記事

・INTEGRATE×旬カラー15色♡350円で叶う、レディな指元。

・【原宿&表参道】おすすめネイルサロンまとめ☆安い値段で確かな技術♪

・2017年夏もすりガラスネイルで涼やかな指先に♪

・セルフネイルでも簡単にプロっぽい仕上がりに見せるコツ☆

・【2017年夏ネイル】最新版!2017年トレンドカラーを使ったネイル特集

キーワード: フレンチ (1,522)