コラム コラム 2016年4月24日 更新 お気に入り追加 0

足にできるタコの原因と対策を知ってフットネイルをもっと楽しく!

978 view
足にできるタコの原因と対策を知ってフットネイルをもっと楽しく! Itnail編集部

女性は「キレイ」に余念がないもの。「頭のてっぺんから足の爪先まで」とはよく言ったものですが、みなさんもヒールを履いたり、ペディキュアをしたりと、足先まで美しく見せるための努力をなさっているのではないでしょうか。しかし、こうして築き上げた「足の美」を台無しにしかねないのが、小憎らしい「タコ」の存在。ヒールをよく履いている方であれば、ひとつや2つはあるかと思うのですが、そもそもタコって何なのでしょう?どうしてできてしまうのでしょう?今回はタコができる原因と対処法、さらにはその予防策をご紹介したいと思います。

そもそも「タコ」って何だろう?<症状とメカニズム>

【イットネイル】「タコ」は皮膚の表面が厚くなって、硬くなっている状態のこと。
足にできる場合は、裏の皮膚や指の付け根、関節などに多く見られます。

実はこのタコ、一見やっかい者に思えるのですが、からだの防衛反応の一種なのです。
長時間の圧迫や摩擦から皮膚が皮膚を守るために、自ら角質を厚くしていき、硬くなっていった帰結なのです。

なお、類似した症状に「魚の目」がありますが、魚の目は芯があるため、歩行時などに痛みます。
タコも皮膚病の一種ですが、痛みはほとんどありません。
むしろ、感覚が鈍くなっている場合の方が多いでしょう。
 (390298)

どうしてタコができるのか?<原因と予防策>

タコができる原因のほとんどが、「足に合わない靴」とされています。

小さめの靴を履いていると、指の付け根や関節などが靴に圧迫され続けます。
靴幅が狭い場合は、指と指の間にも摩擦が起こってしまいます。
こうした摩擦や圧迫の結果、皮膚が皮膚を守るために厚くなってしまったもの、硬くなった末の姿が、タコや魚の目という訳ですね。

だからと言って、「大きめの靴ならいいのか」というと、それはそれで間違いですよ。
大きめの靴は、前方に足が滑りやすく、やはり、指の付け根や関節などが圧迫されてしまうのです。

大切なのは、自分の足にピッタリ合った靴をしっかり選ぶこと。
近年では、靴選びのプロ、「シューマイスター」が常駐する靴屋さんも増えていますから。
とりわけ、長時間着用する靴においては、そういったところで購入することが、キレイにも健康にも嬉しい結果をもたらしてくれることでしょう。

もしタコができてしまったら?<対処法と注意点>

タコは皮膚疾患のひとつですが、そのほとんどが良性腫瘍。
痛みを伴うものでもないので、必ずしも治療して除去するまでの必要はないと言えるでしょう。

とはいえ、見た目は、決して美しくありません。
皮膚の厚みが気になる方は、市販の魚の目・タコ用の保護パッド(角質剥離剤)を使用してみてはいかがでしょう?

また、フット用のバッファー(ヤスリ)などで削るというのもひとつの手。
ですがこれは典型的な対症療法に過ぎず、いくら削ってみても、原因がなくならない限り、タコもなくなることはありません。

加えて、削り過ぎによる皮膚の損傷、炎症なども心配です。
可能であればサロンや皮膚科で処置してもらうよう、強くオススメいたします。

いかがでしたか?
「足は第二の心臓」と呼ばれるからだの大切な一部です。
タコそのものよりも、「タコができる自分の足」を見つめ直して、キレイと健康を両立させましょう。



Itnail編集部