デザイン デザイン 2016年5月30日 更新 お気に入り追加 0

アレンジ自由自在♡ラインテープネイルで洗練された手元に♡

1,659 view
アレンジ自由自在♡ラインテープネイルで洗練された手元に♡ yui

指先に洗練された雰囲気をプラスすることができるラインテープネイル。クロスや横線など、いろんなデザインを取り入れることで上品な指先やおしゃれな雰囲気を楽しむことが可能なんです♡こちらではアレンジ自由自在な、ラインテープネイルをデザイン別にまとめましたので、普段のネイルアートの参考にしてくださいね!

洗練された雰囲気が◎ラインテープネイルでおしゃれに♡

 (428379)

縦横斜めなど、いろんな場所に貼ってストライプ柄にしたり、シンプルなネイルデザインのアクセントになったり、アレンジ自由自在なラインテープネイル。

貼るだけで洗練された雰囲気を楽しむことができるので、セルフネイルでも簡単に実践することが可能なんです!

こちらではそんな魅力的なラインテープネイルをデザイン別にご用意しました♡

縦線使いをしたラインテープネイル☆

 (428383)

シルバーやゴールドのラインテープをチョイス。

お花モチーフをのせれば上品かつ大人な手元に♡
 (428384)

クリアベースネイルにベージュの差し色をのせて。

ゴールドの繊細な輝きが魅力的なラインテープネイルですね♪
 (428386)

ホワイトネイルにホイルの輝きをプラス。

柔らかい印象のネイルデザインにスタイリッシュな要素を出しています!
 (428385)

キャンディーのようなホログラムネイルが印象的な爪先。

ラベンダーカラーとラインテープのコラボで大人スウィートなネイルデザインに♡
 (428387)

グレー×ブラック×ホワイトのネイルデザイン。

無彩色で統一されたネイルカラーにシルバーのアクセントでとことんクールに☆
 (428388)

くすみカラーのネイルデザインにラインテープをのせて。

ゴロンとした立体感のあるビジューが可憐な指先を演出してくれます♪
 (428389)

くりぬいたようなデザインがステキなネイルチップ。

細めなシルバーのラインテープをチョイスすればスタイリッシュな雰囲気の指先になります♡

横線使いをしたラインテープネイル♪

 (428390)

芸術的な雰囲気漂うネイルカラーにラインテープをプラスして。

横線使いをすることで程よくラフな印象に☆
 (428391)

濃淡異なるピンクカラーがキュートな指先。

シルバーのラインテープでカッコ良い要素をプラスしています!
 (428392)

肌馴染みの良いベージュカラーネイルにゴールドのアクセントを。

ランダムに横線使いしたラインテープが魅力的なネイルデザインですね♡
 (428394)

サーモンピンクやラベンダーカラーなど女性らしいネイルカラーをメインにした指先。


ゴールドのラインテープをのせれば高級感のある手元になれます♪
 (428393)

ブラックカラーをメインにしたネイルデザイン。

ラインテープ×シースルデザインのコラボがステキな指先です!
 (428395)

クリアベースネイルにピンクやゴールドのラインテープをチョイス。

ショートネイルにすると可愛らしいネイルデザインにカジュアルなイメージをプラスすることができます☆
 (428396)

うっすらと色づいたようなホワイトカラーネイル。

フレンチデザイン風なラインテープがとっても魅力的ですね♡

クロス使いをしたラインテープネイル♡

 (428397)

星形のようなクロス使いが印象的なネイルチップ。

ホイルネイルも同じ色味で統一すると洗練された雰囲気のネイルデザインになります!
 (428398)

クリアベースのフレンチネイルにラインテープのクロス使いを。

ナチュラルな印象になりがちなネイルデザインにクールな要素をプラスしています☆
 (428399)

ツヤ感のあるグレーカラーネイル。

ゴールドのラインテープがシックかつ大人な雰囲気を演出していますね♡
 (428400)

ジェルネイルにラインテープをプラスして。

シルバーのラメや大きめなストーンがインパクト大な指先です☆
 (428401)

グレーカラーのマットネイルにゴールドやシルバーの差し色を。

1本使いのラインテープネイルが手元をおしゃれなイメージにしてくれます♪
 (428402)

ブラック×ゴールドの華やかなネイルデザイン。

クロスのラインテープとコラボすることでよりゴージャスな仕上がりに!

まとめ

 (428404)

お好みのネイルデザインはございましたか?

今回はクロスや横線などアレンジ自由自在♡ラインテープネイルで洗練された手元についてご紹介しました。

爪先のステキなアクセントになりますので、チャレンジしたことがない方は是非実践してみてくださいね!