コラム コラム 2015年12月2日 更新 お気に入り追加 2

ぼろぼろの自爪を少しでも早く回復させたい!自宅で簡単爪回復ケア【ハンドケア/ネイルケア】

7,078 view
ぼろぼろの自爪を少しでも早く回復させたい!自宅で簡単爪回復ケア【ハンドケア/ネイルケア】 Itnail編集部

ネイルアートやジェルネイルを繰り返していると、自爪はどんどんダメージを重ねて次第にもろくなっていきます。 こうしてぼろぼろになった爪を隠そうとさらにネイルアートをしていると、爪の状態は悪化していくだけ。 こういうときはネイルを少しお休みして、少しでも早く回復させるためのケアを行いましょう。 もちろん、ネイルの美しい仕上がりや持ちの良さをアップするためには、日頃のケアも欠かせません。 今回は自宅で・自分ひとりでできる、ぼろぼろの自爪を回復するための簡単ケアを紹介します。

自爪がぼろぼろになった場合

【イットネイル】ネイルアートやジェルネイルを繰り返していると、自爪はどんどんダメージを重ねて次第にもろくなっていきます。

こうしてぼろぼろになった爪を隠そうとさらにネイルアートをしていると、爪の状態は悪化していくだけ。
こういうときはネイルを少しお休みして、少しでも早く回復させるためのケアを行いましょう。
 (205087)

もちろん、ネイルの美しい仕上がりや持ちの良さをアップするためには、日頃のケアも欠かせません。
今回は自宅で・自分ひとりでできる、ぼろぼろの自爪を回復するための簡単ケアを紹介します。

爪を塩水やレモン水に浸す

塩水をお湯で作り、指先を数分程度浸します。
ジェルネイルなどで傷ついた自爪を少しでも元に戻すために有効です。
一回だけで済まさず、少しずつでもいいので何日から繰り返しましょう。
塩水で皮膚や爪が活性化し、回復が早くなります。

次にレモン汁を使った方法です。
ボウルにお湯とレモン汁をたっぷり入れて、10分程度指先を浸しておきます。
ただし爪がかなり薄くなっているときや、指に傷などがあるとレモン汁でしみてしまうので注意が必要です。
 (200585)

爪を痛めないために避けるべきこと

ネイルアートを繰り返す以外にも爪が痛んでしまう原因は、生活の中にたくさん潜んでいます。
・家庭用洗剤の刺激

手指だけでなく爪もダメージがあります。
使用を避けるのが一番ですが、肌にやさしいものを選ぶのも大切です。
・手指の乾燥

季節などによっては普通肌の人でも、手指が乾燥しやすくなります。
ハンドクリームやネイルオイルなどを使って常に保湿をしましょう。
お風呂上りのマッサージなども有効です。
・無理なダイエットや不規則な食事

極端な食事制限、栄養が偏った食生活は爪をもろくします。
たんぱく質やカルシウム、亜鉛、ビタミン類などを積極的に摂りましょう。
・爪切りを使って切る

直接的な力がかかる爪切りは刺激が強く、爪が割れやすくなります。
長さを整えるときは専用の爪やすりを使いましょう。
少しでも早く爪が回復するよう、普段のケアと上記の点に注意して元気な爪を取り戻しましょう。



Itnail編集部