コラム コラム 2016年8月22日 更新 お気に入り追加 0

ゲストは主役じゃない!「結婚式お呼ばれネイル」の基本マナー

1,523 view
ゲストは主役じゃない!「結婚式お呼ばれネイル」の基本マナー Erica

来週は、いよいよ親友の結婚式!こちらとしても気合いが入るところですが、ネイルは完璧ですか?ギラギラなネイルをしていくと、マナー違反に。今回は「結婚式お呼ばれネイル」の基本マナーをご紹介いたします。

お呼ばれされちゃった!

 (487430)

【イットネイル】親友がこの度、めでたく結婚。
招待状も届いたことだし、あとは当日に向けて準備開始!
ただし、いくら主役ではないとはいえ、きちんと爪もお手入れしておかなければいけません。

ウェディングっぽいネイルデザインは、みつかりましたか?
きちんとマナーを守ったうえで可愛く仕上げていきましょう!

そこで今回は、「結婚式お呼ばれネイル」の基本マナーをご紹介いたします。

「透明感」を優先に

 (487433)

結婚式の主役は、あくまでも新郎新婦。
特に花嫁さん以上に目立ってしまっては、マナー違反といわれてしまいます。

いくらゲストとして呼ばれたとしても、派手なネイルをしてはいけません。

できれば、この日のネイルは「透明感」や「清楚系」を最優先して、華やかというよりも、お上品なネイルに仕上げましょう。

パールをはじめとするストーンも、並べて置きすぎると、一気に華やかな印象に。
パッとみてネイルだけが目立ってしまうと、周囲からも冷たい目でみられちゃいますよ!

あまり目立たず、地味なデザインを選んでください!

鮮やかな色は禁止

 (487436)

結婚式のゲストとして呼ばれているからには、とことん攻めたくなりますよね。

彼がいなくて寂しい思いをしている独身女子にとっては貴重な出会いの場。しかし、ネイルまでもを鮮やかにキメてしまうと、新郎新婦からはひんしゅくを買うことに…。

ピンクやレッドなど、ビビッド系の色は、選ばないように気をつけましょう。
おすすめの色は、ピンクや白、クリアなど、お上品な色合い。遠目からみても、爪が艶やかにみえる程度で十分なのです。

くれぐれもネイルでマナー違反といわれないように気をつけて!

親族として出席する場合はネイルをしない

 (487439)

ゲストといっても新郎新婦の親族として出席する場合は、ネイルそのものを控えましょう。
お上品なデザインを選んだとしても、ゲストから「あの人は?」と思われてしまう可能性もあります。

おそらくゲストの中には、若い人たちだけではなく、ご年配の方もいらっしゃるでしょう。そういった方達の目もありますから、どうしても爪をキレイにしたいなら、ベースコートとトップコートを塗って、ツヤを多少だすくらいで十分。

マナーをおさらい!

 (487442)

ゲストとして呼ばれると、ついテンションがアガってファッションやネイルにも気合いが入ってしまいますが、主役の花嫁さん以上に目立つと、それからは何かイベントがあっても呼んでもらえなくなります。

結婚式に参加する以上は、ネイルマナーの基本もおさえておきましょう!
派手なデザインをして自分だけが満足しないように…。