コラム コラム 2015年12月12日 更新 お気に入り追加 0

セルフネイラーさん特有の悩み…。自分で利き手に綺麗なネイルアートをするにはどうすればいいの?!

3,215 view
セルフネイラーさん特有の悩み…。自分で利き手に綺麗なネイルアートをするにはどうすればいいの?! Itnail編集部

リーズナブルに大好きなネイルを楽しむことができるセルフネイル。ただ、セルフネイラーさんにはある深刻な悩みがあります。そう、利き手に綺麗なアートをするにはどうすればいいのか、ということ!確かに少しハードルは高いですが、コツを掴んで丁寧に施術すれば不可能ではありませんので、利き手アートのコツをしっかりマスターして、セルフネイルライフを楽しんでくださいね!

利き手を固定してからアートしよう!

【イットネイル】セルフネイラーさん特有の悩みに、「利き手のアートを上手にすることができない」というものがあります。確かに、利き手でアートする時はいいのですが、反対の手でアートするとなると手がプルプル震えてしまってキレイにカラーリングやアートをすることができない…、なんてこともありますよね。
そこでまずおすすめしたいのが、利き手を固定してからアートをする、という方法です。テーブルの上に指を置くのでもかまいませんし、テニスボールを握るというのでもいいでしょう。
また指だけではなく、肘も固定して腕と手が動かないような状態にしておくことも大切です。
 (339451)

ジェルやマニキュアをキレイに塗るコツ

次に、ジェルやマニキュアでキレイにカラーリングするコツについてです。
カラーリングをする際は、

1. 爪の先端を塗る
2. 爪の中央部分を塗る
3. 爪の両端(左右)を塗る

という順に作業を進めていきましょう。
そうすることでムラなくキレイにカラーリングできるというのはもちろん、アートの持ちを良くする効果も期待できます。
ちなみにネイルアートをする順ですが、まず利き手から施術していくことをおすすめします。ネイルをするとどうしても不自由になってしまいますので、先に利き手でアートをしてしまうと、ただでさえやりにくい利き手のアートがますますやりにくくなってしまうからです。
 (339452)

“誤魔化す”スキルを鍛えることも大切!

これは利き手のアートに限ったことではありませんが、ネイルアートをする場合、“誤魔化すスキル”を身に付けることも大切です。

■フレンチラインを誤魔化す方法
例えばフレンチネイルをしたいという場合、利き手に綺麗なフレンチラインを描くというのは至難の業です。プロでも難しいかもしれません…。
そんな時は、フレンチラインにラメやストーンをのせて誤魔化してしまいましょう!歪んだ部分だけにラメなどをのせるというのも、それはそれで素敵です!
 (339453)

■ネイルシールを活用するのもおすすめ
最近は、まるで手描きのような質感のネイルシールも沢山販売されています。またフィルムタイプの薄いシールを使えば、ジェルに埋め込んでもボコボコしません。
ネイルサロンでもシールを使う場面は多々ありますので、セルフネイルをする方も活用してみてはいかがでしょうか。

 

Itnail編集部