コラム コラム 2018年2月23日 更新 お気に入り追加 0

お洒落は差し色♡グリーンを“ポイント使い”したネイル特集

1,017 view
お洒落は差し色♡グリーンを“ポイント使い”したネイル特集 Itnail編集部

大人のお洒落のポイント、差し色。ほかの部分に使っているのとは異なる雰囲気の色をあえて使うと、お洒落度がぐっと高まります。ここでは、2018年の人気カラー「グリーン」を差し色に使ったネイルデザインをご紹介します。

1本だけグリーンにしてCOOLなデザインに

Fran (香川・高松)

Fran (香川・高松)

お洒落カラーではあるものの、爪5本ともに使うとなるとなかなか勇気のいるグリーン。それならばグリーンを差し色として使い、どこか1本だけをこの色でカラーリングしてみてはいかがでしょうか。
ほかの指をベージュやライトピンク、グレーといった大人カラーにして、好きな指1本だけをグリーンでカラーリングしてシンプルに仕上げるのもいいですね。ほかの指をフラワー柄やドット柄、ストライプ柄にしておいて、1本だけをシンプルなグリーンのワンカラーネイルにするというのもいいですね。
noooooca. (東京都港区)

noooooca. (東京都港区)

グリーン×ブロックアートもおすすめ

LAURA POMPONNEE 表参道

LAURA POMPONNEE 表参道

グリーンを差し色に使う場合、ブロックアートにチャレンジしてみるのもおすすめです。
例えば、淡いカラーを組み合わせたタイダイアートの一部に、ブロッキングを施してグリーンでカラーリングする、というのはいかがでしょうか。

また、パステルカラーやグレーカラーを使ったブロッキングアートの中に、1ヶ所だけグリーンでカラーリングする部分を作ってみるのもおすすめです。
カラーリングするだけでなく、グリーンのスタッズやストーン、ラメを使ってブロッキングした部分を埋め尽くしてみる、というのも素敵ですね。

グリーンは主張の強いカラーです。派手なネイルは苦手…という方は、グレーを混ぜて落ち着いた色味にアレンジしてみても良いでしょう。
Ganesh (兵庫・姫路)

Ganesh (兵庫・姫路)

グリーン×タイダイアートでお洒落度高めなネイル

Fran (香川・高松)

Fran (香川・高松)

グリーンのような主張の強いカラーを差し色として使う場合、タイダイアートと組み合わせるのもおすすめです。
ベースはホワイトやライトグレー、クリアといった控えめな色味にしておき、タイダイアートに使うカラーも控えめのものを選びます。そしてそのアートの一部に、差し色としてグリーンをプラスするのです。
ピンクやイエローを使ったタイダイアートにグリーンをプラスすれば、春を先取りした感じのデザインに仕上げることもできます。ホワイト、グレー、ブラックといったモノトーンカラーのタイダイアートにグリーンをプラスするもの面白そうですね!



Itnail編集部